伊勢/ 霧山城



ファイルNo1000

北畠氏の本城 シンプルな縄張りの詰め城

                      主郭と主郭中央に立つ城址碑

@ きりやまじょう 
  別名 多気城・多気御所

A住所:津市美杉町下多気
     旧:一志郡美杉村下多気 

B目標地点:北畠神社 
C形式:山城  D比高:240m 
E現況:山林 

F遺構等:郭・堀切・土塁・石碑・説明板 
G時代/人物:南北朝以降戦国期/北畠氏
H満足度: 凸凸+☆ 国史跡
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  45分

J撮影・訪問時期:2004年08月・2016年07月
            2018年12月

  
矢倉郭

【道案内】 

伊勢自動車道松坂インタを下り、県道59号を南下し三郷橋を渡ると国道166号線の信号でこれを右折し国道166号を進みます。途中、大河内町に大河内城があります。さらに進み赤滝で国道368号線に入り飯南町側から山越えし美杉村に入り道の駅美杉の先、北畠神社(北畠氏館)横の駐車場より徒歩で食事処の横を越え標識に従い山頂へ向かいます。麓から約1400mと表記されてます。途中、中腹に北畠氏館詰城があり、これを越えてさらに登って行きます。



【訪城備忘録】

記念すべき訪城1000城(自分的カウント上)として訪城しました。城跡まではハイキングコースとなっており、登りやすいのですが 比高240m・1400mの山道は暑い時期にはこたえます。 記念の1000城としてはまあ満足です^^
城跡は山頂手前のピークに鐘撞堂と呼ばれる削平地があり、ここより いったん尾根を下がり山頂に登りきったところが主郭です。主郭の両サイドに矢倉と呼ばれる郭と米蔵と呼ばれる郭を配し、矢倉の外側に堀切、矢倉と主郭の間と主郭下の郭との間にも堀切があります。また、主郭はやや高めの土塁で囲まれておりますが、全体としてはシンプルな詰め城です。 主郭周辺・鐘撞堂の郭とも整備されており、また、周囲の山々が見渡せるため、山頂はとても気持ちのよい場所でした。

2016年07月に再訪しました。12年前と変わらずの整備が整った城跡です。無理やりの公園化もせず、と言っても夏草はちゃんと刈ってあり、すばらしい整備ではないかと思います。
2018年12月再訪
初めて冬に来ました。元々整備されているから見やすいんですが、冬は草木が枯れてより大変見やすいです。しかし、この日、は昼過ぎの登城でしたが、登城道には霜柱が残り滑りやすく、雪もちらつき風が強くてシャッター押す指も悴みました。

【歴史】

北畠氏本城。下多気(しもたげ)の標高約600mの山頂にあり、興国三年(1342年)に北畠顕能が築いたものです。それ以後北畠氏八代の本城として続きます。 三代満雅の時 阿坂城の白米で馬を洗い敵を欺いたというような逸話も残ります。この満雅が津市岩田川の合戦で討死、これより北畠氏の勢力は弱まりました。 天正四年(1576年)、八代具教が三瀬館で暗殺された際 織田勢が多気に大軍で攻め寄せました。この時の城代の北畠政成は城で討死し霧山城は廃城となりました。  (資料より)


  
  
矢倉郭側の堀切
  
城址碑
  
米倉側から主郭
現地説明板より
主郭米倉からの眺望
  
鐘突堂郭の土塁
鐘突堂西端堀切
鐘突堂西端堀切
鐘突堂から主郭の尾根を望む
鐘突堂と主要部の間の鞍部        主郭南下の竪堀状
主郭虎口      主郭櫓台と城址碑
主郭と城址碑
主郭と城址碑
主郭米倉より鐘撞堂郭を望む
主郭と矢倉郭の間の堀切
矢倉郭全景
主郭と矢倉郭の間の堀切
矢倉郭側から堀切越しに主郭方向
矢倉郭東端堀切
矢倉郭東端堀切
  
主郭尾根手前の眺望
矢倉郭からの眺望

近くの城・関連の城:北畠氏館  北畠氏館詰城  大河内城  阿坂城  高城城