伊勢 北畠氏館詰城



ファイルNo3121

北畠氏の館を守る詰めの城

                            主郭下の郭と土塁

@ きたばたけしやかた 
  別名 

A住所:津市美杉町下多気
     旧:一志郡美杉村下多気 

B目標地点:北畠神社  
C形式:山城  D比高:120m 
E現況:山林 

F遺構等:郭・土塁・堀切・竪堀?・説明板 
G時代/人物:南北朝以降戦国期/北畠氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  北畠神社駐車場より2分

J撮影・訪問時期:2016年07月

  

道案内  

伊勢自動車道松坂インタを下り、県道59号を南下し三郷橋を渡ると国道166号線の信号でこれを右折し国道166号を進みます。途中、大河内町に大河内城があります。さらに進み赤滝で国道368号線に入り飯南町側から山越えし美杉地区に入り道の駅美杉の先、北畠神社が館跡です。そこから霧山城に向かって登る途中にあります。
 
訪城備忘録

霧山城への山道途中にあります。砲台状で卵型の主郭と周囲に下に郭などがあります。切岸は7mほどはあるかな、主郭内は土塁も無く平坦地があるだけです。東側下の郭の北側には櫓台のような土塁があり、その北側斜面には竪堀とされるくぼ地が伸びています。西側は大きな堀切状形状、副郭のあたるか、やはり砲台状の小郭、その先の登城道に薄くはなってますが堀切・土橋、及び、両サイドに竪堀が落ちてます。 ここが城郭遺構と言われないと通り過ぎますが、言われるとなるほど城郭遺構が残ってました。

歴史

北畠氏館参照ください。

主郭から北側下を見る                 薄いけど堀切土橋
主郭の切岸と下の郭                        斜面と竪堀?
  
現地案内板より
六田館(東御所)方面

近くの城・関連の城:北畠氏館   霧山城