近江 / 大津城



ファイルNo0659


                      びわ湖浜大津駅前城址碑     

@ おおつじょう 
  別名  −−−−−

A住所: 大津市浜大津1丁目*中央1丁目 
B目標地点:はまおおつ駅*大津祭曳山展示館
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:市街地

F遺構等:石垣?・碑
G時代/人物: 戦国期/浅野氏
H満足度:

I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  10分


J撮影・訪問時期:2003年10月・2012年06月

  

道案内  ←城址碑のある場所

国道161号と県道18号の交差点大津港口の信号のそば、びわ湖浜大津駅の県道挟んで反対側(琵琶湖側)の歩道橋の下に城址碑があります。
 
訪城コメント

大津城の遺構は基本的には残っていません(彦根城の天守は大津城の移築改築というような言い伝えは別にして。) びわ湖浜大津駅(旧:はまおおつ駅)から南に300mの商店街の中にある大津祭曳山展示館の裏側の石垣は大津城時代の石垣といううわさがあります。展示館の裏手は段差があり堀跡の斜面と考えられます。展示館におられた方が、この石垣は江戸期に積まれたものらしいと説明していただき、堀跡であるのは確かではないかとのことでした。また、この展示館の裏手にある駐車場に残る石垣は本物といううわさもあるらしいとのことでした。この駐車場を探しましたがわかりませんでした。
大津の浜大津は背後に山があります。三井寺に登ると眼下に駅が見えます。慶長五年(1600年)の大津城攻めの際、背後の山から大砲で攻められ落城したため、大津城は攻められやすいという理由で新たに膳所城が築城されたとされますが、三井寺から眺めるとなるほどって実感します。
国道161号線の中華料理レストランと結婚式場の間にある民家との境に大津城の石垣といううわさの石垣があります。(これも今は見えなくなっている感じです)

旧中堀町の説明碑
歴史

天正十四年(1586年)に豊臣秀吉の命により浅野長政が築城しました。その後、増田長盛、新庄直頼を経て、文禄四年(1594年)に京極高次が六万石で城主となりました。慶長五年(1600年)の関が原の戦い直前、高次は東軍に属したため、西軍1万5千に攻められ落城しました。慶長六年(1601年)に膳所城が築城され大津城は廃城となりました

曳山展示館裏の石垣
  
大津城の石垣のうわさの石垣                    琵琶湖疎水入口  

近くの城・関連の城:坂本城 膳所城