近江 / 大河原氏城



ファイルNo0836

主郭背後の堀切が深くて印象的な城です。

                      主郭北側後方の深い堀切     

@ おおかわらしじょう 
  別名  −−−−−

A住所:甲賀市土山町鮎河
   旧:甲賀郡土山町
B目標地点:

C形式:山城  D比高:60m 
E現況:公園・宅地

F遺構等:土塁・堀・石垣・石碑
G時代/人物: 室町期/大河原氏
H満足度:
凸凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  15分


J撮影・訪問時期:2004年03月・2014年06月

  
主郭の祠と城址碑(後方土塁)

【道案内】←登り口

国道1号線の猪鼻の信号を北に入り県道507号線を進みます。この県道は鈴鹿スカイラインに向かう県道です。県道は1.5Km先で左折となり約3Km先で県道9号線と合流します。合流から500m先で左折し、坊前橋を渡り200m先を右折、さらに100m先を右折し右手坂上にある1軒民家の手前にフェンスがあり、フェンス沿いに北側へ山に入って5分ほどで城跡です。城跡は鮎河地区の鮎川小学校からみて野洲川を挟んで西側の丘の先端に位置します。
 



【訪城備忘録】

甲賀の豪族が築城したにはりっぱな城です。ミニ黒川氏城という感じで、黒川氏城との関連が想像されます。主郭は30m四方程度で三方に分厚い土塁が巡ります。南西虎口は崩れていますが大石が散乱しており、石垣があったことが想像されます。主郭南東側の下がったところに相当に広い平坦地があります。ある程度の兵力が駐屯できる感じです。この城跡の見所は、主郭西側から北側(背後)の横掘から堀切の連続堀です。北側の堀切は主郭土塁上部から10m以上の高低差があり(尾根側からは5m程度)圧巻です。
さらに北側の堀の主郭反対側に櫓台のような土塁のある郭、西の方に伸びた尾根には平坦地が続き、ある研究者は出丸ではないかとの事です。

なお、城跡見学の際は城域に入り前に地主である上野さん宅に寄り、訪問者ノートに記帳の上見学されたし。

【歴史】

長享年間(1487〜91)に大河原源太が築いたものとされます。 現在の地主さんの上野さんは城主のご子孫とのことでありますが、大河原氏からの系統はお聞きしませんでした。


  
主郭土塁
  
主郭虎口石垣痕跡
  
  

近くの城・関連の城: 黒川氏城 鮎河城 音羽野城

          

主郭西側空堀
主郭下南側の郭         主郭下東側土塁
   
主郭内
主郭東側下
主郭東側下
主郭背後堀
主郭北西側の郭と土塁