近江 / 音羽野城



ファイルNo0838


                            

@ おとわのじょう 
  別名  −−−−−

A住所:甲賀市土山町瀬ノ音
    旧:甲賀郡土山町
 
B目標地点:
C形式:丘城  D比高:30m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・堀・庭園・石碑・説明板
G時代/人物: 室町期/音羽野氏 
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  妙楽禅寺そばから15分

J撮影・訪問時期:2004年03月 他

  

道案内 

国道1号線旧土山町役場前の信号(現在は甲賀市土山支所)の信号を北に入り県道9号線を進みます。野洲川の青瀬橋の手前右手の丘の先端麓に城址碑と説明板があります。この場所から300m手前に、山に入る細い道があり、小さな神社を越え、さらに奥へ進んだ所の左手が城跡です。
 
訪城備忘録

城跡は北に野洲川が流れる丘の先端にあります。神社の裏手へさらに登っていくと堀のようなところを歩きます。5分の歩かないうちに左手側が城跡です。基本は単郭方形ですが大きな主郭(東西50mほどありそう)です。主郭南側は前面に堀が走り南西側と南東側の平虎口があります。堀の外側も平坦地が続き郭跡のような感じです。主郭には土塁が巡りこれも分厚く高さも2mほどあります。主郭の一番奥(城址碑とところから直登した場合はこの辺に出ますが)北西側に庭石のような石がゴロゴロしており庭園跡とわかります。

城址碑
歴史

文明年間(1470〜1486年)に頓宮四方介利盛が音羽野村を領した後に築城し頓宮城より移り住みました。 それ以来、当城に住み代々継ぎましたが、元亀元年(1570年)、頓宮因幡守守孝の時に、近江の守護職佐々木六角氏没落した際に織田信長に従いましたが、天正十三年(1585年))豊臣秀吉によって改易されました。 音羽野城の位置は、現青瀬橋の南東の小高い丘上にあって、現状は松、杉等の混植林となっている。本丸跡と考えられる地点には庭石などの残され、内堀・外堀も原形をとどめています。  <現地案内板より  土山町教育委員会>


堀        庭園
虎口土塁        堀
  
  堀      土橋と堀

近くの城・関連の城: 頓宮城 土山城