近江 / 伴中山城



ファイルNo0736
                         主郭土塁   

@ ばんなかやまじょう 
  別名  −−−−−

A住所:甲賀市水口町伴中山
     旧:甲賀郡水口町

B目標地点:
C形式:丘城  D比高:20m 
E現況:公園・宅地

F遺構等:郭・土塁
G時代/人物: 室町期?/伴氏
H満足度:
凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  10分


J撮影・訪問時期:2003年03月

  
西側にある主郭虎口の土塁

【道案内】

甲賀市水口町中心部より国道1号線で来ると、里北脇の信号で右折し県道164号線に入り北上します。水口工業団地を抜けて伴中山の信号に至ります。県道178号線との合流をして、県道164号線は右にカーブして行きますが、その信号でほぼ直進で北に入る道があります。これを進みます。200mほどの左手の高台(丘陵の先端)が城跡ですが、この道側からは入りづらく、1本西側の小道から入れたと記憶してます。 <この城を訪ねたのは2003年3月です。この個別ページを制作したのは2005年3月で、詳細な道を思い出せません。すいません>

 


【現況・訪城記録】

基本は単郭方形の館城です。密集した竹林となっていますが、主郭は高い土塁に囲まれ一方が丘の先端で崖となっています。西側に平虎口を開いています。

なお、この地区周囲には下山城下山北城など伴氏系の城館が点在しています。



【歴史】

伴氏の持城という以外 詳細不明です。伴氏は甲賀53家中で美濃部氏、山中氏とともに柏木3家と呼ばれます



  
城址入口近くの桜
  
  

近くの城・関連の城: 下山城