近江 / 下山北城



ファイルNo0745
                        主郭虎口と土塁    

@ しもやまきたじょう 
  別名  −−−−−

A住所:甲賀市水口町下山
    旧:甲賀郡水口町
 
B目標地点:
C形式:丘城  D比高:10m 
E現況:山林

F遺構等:土塁・堀
G時代/人物: 戦国期/伴氏 
H満足度:
凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  農道から2分


J撮影・訪問時期:2005年03月

  
主郭土塁(外側より)

【道案内】

甲賀市水口町中心部より国道1号線で来ると、さつきが丘口の信号で右折し北に進み、水口工業団地(さつきが丘工業団地)内の信号で左折し工業団地を西に進みます。工業団地も端で県道を右折します。(この道は国道1号線伴谷口の信号より北に入ってきた道です)400m先で九品寺を越え、400m先で恩川を越え、さらに200m先で県道は右にカーブしていますが、ここに左への道があり、ここに左折します。400mほど行った右手、田んぼの先の丘陵先端に城跡があります。城跡西側に農道が続いていますので西側の農道より城跡に入ります。

 


【現況・訪城記録】

城跡はしいたけ栽培場になっていますが、単郭を取り巻く土塁は残ります。南側に虎口が開いており、ここより主郭東側へ回り込むと堀が残ります。堀底と主郭土塁の上部は5mほどあり見応えがあります。水田を挟んで西側の丘陵先端には津山城という城跡もありますが、津山城は伴氏系ではないようです。

【歴史】

伴氏関連の城ですが、詳細はわかりません。下山城の説明をご覧ください。

  
  
城址遠景
     
    
  

近くの城・関連の城: 下山城