伊勢/ 家所城



ファイルNo0991


                        主郭土塁           

@ いえどこじょう 
  別名

A住所:津市美里町家所
    旧:安芸郡美里村家所城山

B目標地点:辰水小ー明顕寺
C形式:丘城  D比高:40m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・堀・石垣・櫓台・説明板
G時代/人物: 室町期/家所氏
H満足度:
凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分


J撮影・訪問時期:2004年03月・09月

  

道案内  

伊勢自動車道津インタを下り、右折して県道42号線で安濃町に向かい、2.4Km先の曽根の信号で県道42号線は右折ですが直進して653号線に入ります。1.5Km先の安濃町役場前の信号で左折して県道411号線に入ります。県道を道なりに5Km進むと家所地区で信号を直進し(この左手の丘が城跡)300mほどで右折し200mほど行くと民家の脇に左へ山に向かう細い道があります。この突き当たりから城跡に入ります。この路地付近には駐車できませんので注意ください。
(あるいは安濃町草生からクリーンロードで南下して県道657号線交差で左折し600mで家所の信号です。 または、津インタから国道163号線で美里方面に向かい五百野で右折して1.8Km先です。)
 
訪城備忘録

城跡に入る角の民家がご子孫の方との事で城跡もその方が整備されているようです。 城跡には南側から入ります。少し登ると虎口でここには一列ですが石垣が残り、主郭周囲は土塁が巡ります。主郭の大きさは30m*25mと資料にはありますがそれ以上に広く感じます。主郭東側には大きな堀切があり明瞭に残ります。

歴史

長野氏四代藤房の子の祐歳が貞治元年(1362年)に築城したとされます。 その後八代続きますが、織田信長の侵攻で廃城になったとされます。 <現地案内板より>

大手石垣      抜け穴?
現地案内板より
  

近くの城・関連の城:長野城 細野城 草生城