備前/ 天神山城



ファイルNo2966


                            三の丸石垣

@ てんじんやまじょう 
  別名 城 

A住所:岡山県和気郡和気町田土
B目標地点:和気の森・天石門別神社
C形式:山城  D比高:300m 
E現況:山林

F遺構等:郭・石垣・土塁・碑・説明板
G時代/人物:戦国期/浦上氏
H満足度: 凸凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  和気の森から太鼓ノ丸経由で50分

J撮影・訪問時期:2015年05月・2016年03月

  

道案内 ←和気の森からの登り口   ←天石門別神社登り口 
     ←侍屋敷からの登城口 ←城跡

山陽自動車道和気インタを下り、和気インタを信号を左折し国道374号線に入ります。約3.2km先で山陽本線を越え、金剛大橋を越えます。国道を吉井川沿いを進みます。金剛大橋から約2kmで右折し県道414号線に入ります。約4km先で左折します。道なりに約2km進んで左折します。約2.5km先が「和気美しい森」です。 ここの駐車場から西方向に進むと天神山太鼓の丸城を経由して天神山本城に至ります。 (または、国道374号線かた県道414号線に右折した所からさらに国道を約7km先右手が天石門別神社でこの裏手からも登れます。 さらに神社から500mほど南にもうひとつ登り口があり、ここは侍屋敷の跡があり、石垣が残っています。)

訪城記録

和気美しい森から約20分で太鼓の丸です。そこから斜面を比高で150mほど下りるんかな。 石門とか標識がある斜面を下ります。鞍部まで下りてそこからまた登りになります。最終の堀切の所から天神山本城になります。典型的な連郭式の山城です。堀切、竪堀はさほど多くなく、郭は大きく、切岸が高いと言う印象です。二の丸から大手門、三の丸のかけて斜面に規模の大きな石垣が残っています。 桜の馬場付近から北側斜面に下りて行くと今も水が湧いている百貫井戸が残っています。途中木には標識がくくりつけてありますが、道らしい道はなかったです。そこから再度二の丸に向けて斜面を登りましたが、所々に石垣の残存がありました。 規模の大きな浦上氏の後期本城でした。

本丸と城址碑
歴史

前期天神山城である太鼓の丸城に享禄五年(1532年)、浦上宗景は三石城から移ります。その後に西の峰に新城を天文二年(1533年)頃から築城を開始し、順次拡張していき、天文十二年(1543年)頃に完成したようです。宗景は天文五年(1536年)に宇喜多八郎(のちの直家)を家臣とします。元亀二年(1571年)、宗景は織田信長と同盟しますが、天正二年(1574年)、宇喜多直家は離反し毛利につきました。 翌年、宇喜多直家は天神山城を攻めました。天正五年(1577年)、浦上宗景は城を棄てて播磨に逃れたようで、天神山城は落城、そのまま廃城になったようです。 <落城時期は、天正五年(1577年)より直家が攻めた天正三年(1575年)の方が最近は有力との事です。>


飛騨の丸石垣                          大手門石垣

現地案内板より
三の丸からの眺望
  
太鼓の丸からの鞍部                      最初の堀切
南の段                               南櫓台
馬屋の段
飛騨の丸(下の段、上の段)
本丸と二の丸間の空堀                     二の丸石垣
長屋の段周辺
桜の馬場と石垣
三の丸石垣                      西の櫓台
百貫井戸とその周辺
二の丸斜面
三の丸石垣
侍屋敷の登り口案内板                          侍屋敷石垣
侍屋敷石垣

近くの城・関連の城:天神山・太鼓ノ丸城  三石城