摂津 能勢 丸山城 



ファイルNo1824

能勢氏初期の城

                          堀切  

@ まるやまじょう 
  別名 

A住所:豊能郡能勢町地黄
B目標地点:清晋寺
C形式:山城  D比高:60m 
E現況:山林

F遺構等:郭・堀・堀切・竪堀・土塁・碑
G時代/人物:鎌倉期〜/能勢氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  寺から15分

J撮影・訪問時期:2008年01月・2016年02月

  

道案内 

京都縦貫道の亀岡インタを下り、国道423号線を能瀬方面に進みます。13km先、妙見口の信号で右折し府道4号線に入ります。1.4km先の野間峠をつづれ折れの道で越えます。京都府から大阪府に入ってから3km先が野間中の信号です。信号を右折し国道477号線に入り、2km先の右手に入ると東中学校のところで左の路地に入ります。(豊能警察から100m先) 集落を抜けると国道477号線の新道に出ます。右前方に寺が見え、これは清晋寺で、この右手(東側)の丘の先端が城跡です。 

訪城コメント

久しぶりに行ったら新道沿いに説明板のある駐車場がありました。東側斜面の木々が伐採され裸山になってました。ここからも登れ、中腹には土塁と横掘?が確認できます。 または、車を清晋寺前に駐車し、城跡のある丘を見ると、麓に宝塔が建てられているところが見え、この脇から登ります。寺からは、水田を横切って進みます。登り始めてすぐ「丸山城址」の碑がありました。道なりに登ると南側の郭のところに丸山神社が建てられていて、本殿の脇から奥に入ると主郭の下を巡る帯郭に至ります。この帯郭は主郭下を馬蹄形に巡っています。主郭は長円のような形で淵に土塁が三日月状に残っています。北側に下りた帯郭にも三日月状の土塁があり、西側には主郭向かって竪堀状のスロープがありました。さらに北側に下りると堀切を越え、郭があり、北側に土塁が横たわり、その先は斜面を降りると現在は林道になっていますが、往時は大堀切であったと推測されます。全体的に古い感じの城跡という感じですね。

登城道入り口の碑
歴史

清和源氏頼光系で、多田源氏である源満仲からの流れて、鎌倉中期、多田頼綱の孫の国基が能勢に入り、能勢氏を名乗ったとされ、国基がこの城を築いたと考えられます。(一説には平安末期には築城されたともあるようです。) 室町期には幕府御家人として北摂屈指の勢力にまで成長しました。能勢頼道は将軍足利義輝に仕え、のち織田信長に属しましたが、天正六年(1578年)、荒木村重の信長離反の際に曖昧な態度であったため、天正八年(1580年)、織田方の多田領主塩川長満に謀殺されました。頼道の跡を継いだ弟の頼次は、天正十年(1582年)、本能寺の変の際に明智光秀に加担し、豊臣秀吉方の河原長右衛門宣勝らに攻められて城は落城、能勢頼次は一時没落しました。能勢頼次は、慶長五年(1600年)の関が原の戦いでは東軍に付き、その戦功により旧領(約1万石)に復し、江戸期は地黄陣屋を築き、以後、明治維新まで代々旗本能勢氏(4008石)が受け継ぎました。

堀切
  主郭土塁                 主郭西側の竪堀状スロープ

主郭北側下の郭と土塁                  北側の堀道・土塁 
東側斜面下
中腹の土塁                      堀切と土橋
堀切                         天王丸手前
手前土塁と主郭を見上げる
北側より南(主郭)側を見る
天王丸下                            地黄陣屋より丸山城
  
城跡遠望                          清晋寺
現地説明板より                        城跡表示板

近くの城・関連の城:地黄陣屋