摂津 / 地黄陣屋



ファイルNo1549

中学校の周囲に陣屋の石垣が残る。陣屋と言いながらまさに城

                          虎口石垣  

@ じおうじんや 
  別名 地黄城 

A住所:豊能郡能勢町地黄
B目標地点:東中学
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:中学校敷地・田畑

F遺構等:郭・石垣・説明板・碑
G時代/人物:江戸期/能勢氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分

J撮影・訪問時期:2008年01月・2016年02月

  

道案内 

京都縦貫道の亀岡インタを下り、国道423号線を能瀬方面に進みます。13km先、妙見口の信号で右折し府道4号線に入ります。1.4km先の野間峠をつづれ折れの道で越えます。京都府から大阪府に入ってから3km先が野間中の信号です。信号を右折し国道477号線に入り、2km先を右手に入ると東中学校で、ここが城跡です。
 
訪城コメント

2000年10月以来の再訪でした。変わらずの風景という感じです。現在は中学校の敷地になっていますが、周囲を巡る石垣、虎口の石垣はよく残ります。下段と上段に郭が分かれていますが、往時からそうだったんでしょう。山間の居館としてはなかなか広い空間です。下段には狭い水堀で囲まれた方形の箇所があり、鳥居があって、能勢氏古城址の大きな石碑が立っています。なお、北面の石垣は印内積みというらしいです。積み方というよりこの石垣の謂れということらしいです。

城址碑と説明板
歴史

能勢氏は多田源氏である源満仲からの流れて、多田頼綱の孫の国基が能勢に入り、能勢氏を名乗ったとされます。戦国期までは丸山城を本拠としていましたが、天正十年(1582年)、本能寺の変の際に明智光秀に加担し、豊臣秀吉方の河原長右衛門宣勝らに攻められて、能勢頼次は一時没落しました。能勢の地は、塩川氏を経て、天正十六年(1588年)には薩摩の島津氏の在京領地となりました。能勢頼次は、慶長五年(1600年)の関が原の戦いでは東軍に付き、その戦功により旧領(約1万石)に復しました。慶長七年(1602年)に頼次は地黄陣屋に着手、元和元年(1615年)に完成したとされます。以後、明治維新まで代々旗本能勢氏(4008石)が受け継ぎました。


周囲の石垣

「能勢氏故城址」と刻まれた碑               側面石垣    

  
城址碑と説明板と石垣
西面石垣
虎口石垣
校庭にある大木

近くの城・関連の城:丸山城・野間城