越前 / 金ケ崎城



ファイルNo1203

織田信長が朝倉・浅井氏に挟み撃ちになり撤退、木下藤吉郎(豊臣秀吉)が殿をつとめた戦いで有名

                        金ケ崎城東側一の木戸の竪堀

@ かながさきじょう 
  別名 

A住所:敦賀市泉〜金ケ崎町 
B目標地点:金ケ崎宮 
C形式:山城  D比高:100m 
E現況:山林 

F遺構等:竪堀・石碑・説明板 
G時代/人物:
   〜南北朝期〜/気比氏・新田氏・朝倉氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  15分

J撮影・訪問時期:1995年5月・2004年07月

  
一の木戸竪堀

【道案内】 

北陸自動車道敦賀インタを下り、国道8号線バイパスを武生(現:越前市)方面に進みます。400m先で左に下りていき気比神社前の信号で右折して旧国道8号線に入り、700m先の曙の信号で左折します。(あるいは国道8号線バイパスを800m先<樫曲トンネル500m手前>で側道から国道476号線に左折して1Km先の曙の信号を直進します。) 曙の信号の200m先の信号を右折し、500mほど進み、敦賀港線の踏み切りを渡ると金前寺です。この寺の左手上が金が崎宮です。金が崎宮から案内に従い城跡を散策できます。



【現況・訪城記録】

金が崎宮の城址碑から遊歩道を歩き月見御殿まで登ります。どこまで遺構なのかよくわかりませんが土塁のような高まりもあります。資料からは古墳を利用した郭であるとされます。尾根上を東に向かうと三の木戸〜一の木戸があります。各木戸は竪堀でこれは明瞭です。一の木戸よりさらに北西方向に登ると天筒山城北郭群、そこより東側稜線に向かうと天筒山主郭群のようです。なお、一の木戸から麓に降りると金前寺で、ここが居館跡のようです。

 
【歴史】

延元元年(1336年/建武三年)に新田義貞が尊良親王・恒良親王を奉じて、気比氏治の居城であった金ケ崎城に入り拠点としました。翌年、足利方と激戦となり、尊良親王・新田義顕(義貞の嫡子)らが討死しました。その後、正平六年(1351年/観応二年)には足利尊氏の離反した足利直義がこの城に拠ったとされます。長禄三年(1459年)には越前守護斯波義敏の重臣の甲斐常治がここに拠って斯波氏に離反しました。応仁の乱(1467年〜)以降は越前の主権を奪った朝倉氏の支城として機能し、元亀元年(1570年)には織田信長の越前侵攻で天筒山城とともに落城しました。しかし、この時は浅井氏が朝倉氏に味方し織田信長は越前より撤退しました。信長は天正元年(1573年)に再度の越前侵攻で朝倉氏、ついで浅井氏(近江・小谷城)を滅ぼしました。


  
二の木戸竪堀
  
三の木戸竪堀
  
  

近くの城・関連の城:

            

金ケ崎城主郭(月見御殿)
      金ケ崎城主郭前の碑         金が崎宮の城址碑    
金ケ崎城主郭よりの眺望
現地案内板より