近江 / 油日城



ファイルNo1649
                                  主郭土塁  

@ あぶらひじょう 
  別名  −−−−−

A住所:甲賀市甲賀町油日 
     旧:甲賀郡甲賀町

B目標地点:油日神社
C形式:丘城  D比高:20m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・堀? 
G時代/人物: 室町期/上野氏
H満足度: 凸凸

I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分


J撮影・訪問時期:2006年12月・2017年05月

  
東側虎口

【道案内】

国道1号線で湖南市(旧甲西町)方面から来ると、西名阪という信号の50m先の信号で右折し甲賀水口中心部に入ります。県道549号線を進みすぐの本綾野の信号で右折して水口町市街地(現:甲賀市)を抜けます。近江鉄道を越えて600m先の内貴橋北の信号で右折し県道122号線(旧:国道307号線)に入ります。道なりに1.5Km先の三大寺北の信号で県道4号線と合流し進みます。庚申口の信号で国道307号線を横切りさらに県道4号線を進みます。庚申口の信号より約10Km先で県道はいったん左折となり、バイバス状に迂回しています。1Km先が油日の信号で、ここを左折し県道131号線に入ります。1.2Km先がT字で左手が油日神社で、ここで右折し150m先の左手丘陵の先端が城跡です。

 


【訪城備忘録】

2006年に夕方訪城で断念してから何度か前までは行くのですが訪城してなかった城でした。 2017年、ふと思い立って訪城してきました。
城跡には城を正面に左手側から入ります。川沿いを左手墓地沿いに進むと右手の川を渡る橋があり、それを渡ります。100m以内で右手にシイタケ栽培の入口があり、ここから入ります。もうすでに正面上に城跡が見えています。なだらかな斜面を登ると城跡です。少し破壊はありますが、虎口があります。主郭の周囲を土塁が巡ります。けっこう明瞭です。西側土塁に外の腰郭への虎口があります。この西側土塁には虎口以外にも窪んだ箇所があり、後世の改修なのか、石落としのような設備なのかh?です。南東端は土塁がさらに高く櫓台のようです。この外側にも低い三日月土塁がある腰郭がありました。谷部の向こう側にも平坦地があり、また、谷部にも平坦地がありましたが、兵站地にも見えます。どこまで城郭遺構かは?ですが、近くの上野城に似た構造を感じます。



【歴史】

上野氏の城とされます。

  
主郭から東下を見る
  
東下から城跡を見る          主郭内   
西側土塁
西側虎口(横から)と下の腰郭      西側虎口          
南東端高い土塁
南東下の腰郭と谷部向こう側の平坦地
  

近くの城・関連の城:(甲賀)上野城 油日館