近江 / 日野小谷城



ファイルNo0872
                            

@ こたにじょう 
  別名  −−−−−

A住所:蒲生郡日野町小谷
B目標地点:竹田神社・円林寺
C形式:平山城  D比高:10m 
E現況:公園・宅地

F遺構等:土塁?・類似説明板
G時代/人物: 鎌倉期/蒲生氏
H満足度:
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  2分

J撮影・訪問時期:2005年05月

  

道案内 

名神高速道八日市インタより、国道421号線で永源寺方面へ進み、御園の信号で右折し、国道307号線に入り、約9Km先の日野町の松尾北の信号で右折し、国道477号線に入り、約2Km先の小御門集落の先の三十坪の信号で国道は右折、700m先小谷集落(小谷のバス停付近で右折)を右折し、近江鉄道を越えて、400m先の丘陵先端の竹田神社・円林寺周辺が城域です。小御門集落の背後の大林寺付近も小谷城という説があります。この小御門集落は小御門城あるいは蒲生氏支族の和田氏の屋敷跡もあったとされます。
 
訪城記録

丘陵先端の寺と神社はあります。寺と神社の境目に櫓台のような盛り上がり(2.5m*10m)がありますが、土塁の遺構なのかは?です。それ以外は、寺の南側は一面の水田、寺の背後は、すごい竹薮になっていますが覗いてきませんでした。竹田神社の説明板には、蒲生氏の本城が音羽城に移ると支族の小谷氏が領したとあります。

土塁?
歴史

蒲生氏が音羽城を本城にする以前に鎌倉期〜室町期前期の間に本城であったとされます。


  

近くの城・関連の城:小御門城 音羽城 中野城 鎌掛城