近江 / 弥高寺



ファイルNo0778

琵琶湖を一望できる天空の山岳寺院(城郭寺院)

               主郭(本坊)土塁と城址碑

@ やたかじ 
  別名  −−−−−

A住所:米原市弥高
     旧:坂田郡伊吹町
B目標地点:

C形式:山城・城郭寺院 D比高:300m 
E現況:山林

F遺構等:土塁・堀・石積み・碑
G時代/人物: 室町期/京極氏
H満足度: 凸凸☆
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  上平寺城主郭より20分

J撮影・訪問時期:
2003年10月・2014年11月
             2015年09月

  

道案内 

名神高速道関が原インタを折り国道365号線を進み藤川の信号で斜め右へ県道531号線に入り伊吹山ロープウェイへ向かいます。藤川の信号より1.5Km先で右折しの今は 小さい 集落となっている上平寺地区へ入ります。伊吹神社境内(上平寺館)より登ります。上平寺城主郭まで約1時間、上平寺主郭背後の堀切から山道を進みます。途中、伊吹山五合目へという標識の所でY字を左へ進みます。(伊吹山方面には行かない) そこより、歩よい山道を20分ほど、途中、人ひとりの幅の道もあり、注意が必要です。行者谷を越えて上平寺城から約20分で弥高寺に至ります。または、麓よりの道もあるようです。
 
訪城備忘録

本坊は幅70m近くの広い敷地で、南・東・西の土塁が巡り、麓より本坊に続く道の大門から本坊までの両サイドに坊跡(郭跡)が続きます。大門は大きな桝形門で、外側に堀が巡り、一部石積みも見られ、まさに城郭の虎口です。本坊背後の尾根先端には管制塔のような郭があり、背後に大堀切があります。この弥高寺は、眺望が抜群で、東は関が原方面、遠くに名古屋のツインタワーまで見え、西は琵琶湖・彦根方面が一望でき大パノラマです。

本坊土塁
歴史

寺の創建は奈良・平安時代と考えられます。城郭寺院として城塞化されたのは上平寺城築城前の明応年間(1492〜1500年)に京極正経・高清の時代と考えられるようです。現在の遺構は、京極氏よりは上平寺城同様に浅井氏の改修も考えられます。上平寺城が廃城になった元亀元年(1570年)頃にここも廃寺となったようです。

    本坊虎口     大門の手前(桝形虎口)
大門        大門の堀
関が原方面の眺望    琵琶湖側の眺望
  
ピークの斜面          虎口
ピーク下の土塁を巡る郭          ビーク
ピーク背後の大堀切
上平寺城から弥高寺
琵琶湖遠望
彦根方面
名古屋ツインタワー
関ヶ原方面
伊吹山側雲海        琵琶湖遠望
本坊虎口(下から)と塔頭
本坊土塁と虎口

近くの城・関連の城:上平寺城 上平寺館