近江 / 和田山城



ファイルNo0715


                           和田神社<灯篭の横城址碑> 

@ わだやまじょう 
  別名  −−−−−

A住所:東近江市五個荘和田〜神郷町
    旧:神崎郡五個荘町

B目標地点:和田集落の一番奥の公民館
C形式:山城  D比高:80m 
E現況:山林

F遺構等:土塁・櫓台・掘・碑
G時代/人物: 戦国期/六角氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  和田神社より10分

J撮影・訪問時期:2004年09月

  

道案内  

近江八幡市内より国道8号線で向かい、東近江市五箇荘に入ります。五個荘南の信号より約2Km先の築瀬の信号で左折し県道52号線に入ります。(築瀬の信号の100m先は愛知川です。)築瀬の信号から1Km先を右折します。(○○不織布という会社が目印です。) 右折し進み、突き当たりを左折し、すぐまた右折し、神社手前で右折しますと左手に地区の公民館集会所があり、ここより登ります。
 
訪城コメント

中腹に和田神社があり、ここに城址碑があります。城址碑の右手より山道をさらに登ります。城跡は山頂にあるわけですが、正直、城跡という気になれませんでした。9月で草木がまだまだ多く、遺構が埋もれているという感じでした。資料によると山頂部に8m四方・3mの高さの土壇上になった櫓台及び南西部には高さ0.5m程度の高さの土塁が巡る、一辺20m程度の主郭が遺構として残るとなっています。

山頂の削平地
歴史

観音寺城の支城です。六角義弼が築城して田中治部大輔が守りました。永禄十一年(1568年)の織田信長の侵攻で落城しました。


  

近くの城・関連の城: