近江 近江 北之庄城



ファイルNo0714

城史がなぞの城ながら、遺構はおもしろい

                         主郭南側下堀切   

@ きたのしょうじょう 
  別名 岩崎山城

A住所:近江八幡市北之庄町・南津田町
B目標地点:北の庄神社
C形式:山城  D比高:250m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・堀切・土橋
G時代/人物: −−期/−−氏
H満足度:
凸凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  北の庄神社より40分・近江八幡山城から25分


J撮影・訪問時期:2004年09月・2008年10月
             2015年07月

  

道案内 ←城址  ←北之庄神社

名神高速竜王インタを下り、国道477号線を北に向かいます。西横関の信号で右折し国道8号線に入ります。600m先日野川を越えた東川の信号を越え、3Km先六枚橋の信号を越え、2.5Km先の友定町の信号を県道26号線へ左折します。(右折は国道421号線です。)2Km先でJRの陸橋を越え、さらに1Km先で県道2号線(朝鮮人街道)と交差する音羽町の信号を越えます。1Km先多賀の信号を越え(ここを左折すると八幡山(八幡山城)の下の日牟礼八幡宮に至ります。)、多賀の信号から600m先で左折します。(角に北之庄町の標識があります。) 400m先で北之庄町に入ると道が急に細くなります。すぐまた右折し進むと突き当りが北之庄神社です。北之庄神社本殿裏手より登りますが、道は荒れていますので注意ください。
または、近江八幡山城の北の丸から尾根伝いに進みます。アップダウンはありますが、比較的道もしっかりしています。
 
現況・訪城記録

この城は八幡山と尾根続きの北東の山頂にあります。山道をあえぐように40分程度登りますと(尾根に登り、坂道では無くなってすぐです。)、左手側に道とは言えない小道が山道とは別に分岐してあります。<分岐点には案内標柱が立っています> (そのまま山道を歩いていくと、左側に山頂をみながら道は下りになりますので、そこまで行くと行きすぎです。)小道を歩いていくと少し左手に進みますと説明板のところに至ります。ここで八幡山の尾根道と合流します。再び少し登りなり、小さな堀切を越え、小さな郭を越えると主郭下の堀切に出ます。この堀切は見応えがあります。主郭と堀切底は5m程度あるでしょうか、土橋を渡って主郭に入ります。主郭は山頂をすり鉢状に掘り込んである変わった構造のものです。堀切側に凸状に土塁が屈曲して突出している箇所もあります。主郭よりさらに北側にはもう一段の郭があり、主郭より広い感じです。主郭とこの郭とをつなぐ虎口に石積みの痕跡のようなものがありますが遺構かはわかりません。残念ながら郭内はやぶ状態で見通しが悪く写真には残せませんでした。

<2008年10月>
近江八幡山城から尾根伝いに行ってみました。道はしっかりしていて、説明板のそばに到達します。上記の通り進むと主郭(上段の郭)下の堀切です。以前は藪状態ですが木々が伐採され、堀切、土橋、それに続く空堀が明瞭に見られます。城内も木々が伐採され、見通しが利き、擂り鉢状の郭内、周囲を巡る削り残しの土塁が明瞭に分かります。主郭(上端の郭)は50m程度の円形に近い郭で、下段の郭は南北100mほどある札円形の郭です。下段の郭の東側虎口は高さ3mほどの土塁でみごとな枡形虎口でした。これは驚きです。下段の郭内は西側半分が7つ池と呼ばれる円形の池が複数あります。中央付近に南北に低い土塁状の高まりがあり、この東側が郭として使われていたと思われます。西と北にも平虎口があり、これも明瞭です。郭内は確かに平坦があまく、居館ではないんでしょ。最初は上段の郭だけがあり、その後下段の郭が増やされたような気もします。また、伝承での観音寺城の関連だけではなく、枡形虎口の完成度を考えると織田期にもなんらかの機能がしていたのではないかと思います。

主郭の張出土塁(2004年)
歴史

築城時期・築城者など詳細は不明です。 観音寺城六角氏関連と考えられるとの事ですが、遺構から織田信長侵攻後にも改修された可能性が指摘されています。

詳細写真のページへ⇒⇒⇒☆

現地説明板より                  説明板

堀切土橋                     主郭張出土塁
堀切
上の郭の張り出し土塁
大きな土塁で形成された桝形虎口

  
    北の庄神社         北之庄城址より八幡山を見る

近くの城・関連の城: