美濃 / 関城



ファイルNo1035


                            城跡遠望

@ せきじょう 
  別名  安桜山城

A住所:関市山ノ手3丁目〜安桜山  
B目標地点:安桜山公園
C形式:山城  D比高:90m 
E現況:山林・公園

F遺構等:郭?・竪堀・説明板
G時代/人物: 戦国期/長井氏 
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  麓から10分

J撮影・訪問時期:2005年06月

  

道案内  

東海北陸高速道の関インタを下り、国道248号線に出てすぐに県道17号線に入ります。1.6Km先の栄町4丁目の信号で右折し国道248号線旧道に入ります。900m先の栄町の信号を直進し県道281号線に入ります。1.2km先の本町の信号で左折します。50mでわかくさトンネル入口になり左右は山すそを巡る道に至ります。この正面の山が城跡で、トンネル手前の道の右手神社登り口に説明板があります。このT字から200mほど左手に行ったろころで右折し山に登れる道があります。ここに入ると中腹に公園の駐車場があります。

 
訪城コメント
竪堀

夕方の訪城でしたのでくまなく歩き回る事ができませんでしたが、明瞭な遺構は無いようです。唯一主郭の北側下に竪堀が残っていますが、これも夕方でしたのではっきりとは確認できませんでした。


主郭
歴史

享禄元年(1528年)に長井藤左衛門長弘は築城したとされます。永禄年間に長井隼人道利が在城、永禄八年(1565年)に織田信長が堂洞城を攻めた際にこれに抗すたものの堂洞城落城の後に安桜山城も攻められ長井氏は城を退去し城も廃城となりした。 <現地案内板より>



  

近くの城・関連の城: 堂洞城 加治田城 鉈尾山城 小倉山城