美濃 / 阿木



ファイルNo0917


                 主郭

@ あぎじょう 
  別名  −−−−−

A住所:中津川市阿木
B目標地点:阿木小から北西400m
C形式:山城  D比高:50m 
E現況:畑地・山林

F遺構等:郭・堀切・堀・土塁・碑
G時代/人物: 戦国期/戸田氏?・大藤氏?
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  10分

J撮影・訪問時期:2005年06月

  

道案内 

中央高速道の恵那インタを下り、国道19号線に出て、宮の前の信号で右折し県道407号線に入ります。7Km先の飯沼駅を越え、さらに、1.5km先 (5km先、阿木地区で阿木小学校手前1kmくらいのところ)に小さな峠越えのような箇所があります。この右手(タンクの手前)に山に入る道がありますのでここを右折します。300mほど林道を走ると道が右折します。さらに300mほど行くと右手に登る道があり、連続堀切を越えて上に登ると主郭です。

(あるいは中津川市内のかやの木町の信号から国道363号線を進み、10Km先の阿木の信号で右折し県道407号線に入り1km先で左折、または恵那市岩村町から国道363号線を5Km先で阿木の信号でここで左折です。)
 
訪城備忘録

直径50mほどの円形の主郭を中心に、その下東側には三日月状の大きめな腰郭があり、また、その先は登ってきた道に連続堀切があります。主郭南側から西側〜北側には帯郭が巡り2箇所ほど外側に土塁が残ります。この土塁が往時は半円状に巡っていたのかもしれません。そうとすれば帯郭というより横堀的になりますが、帯郭から横堀の発展途上にあった遺構なのかもしれません。(この発展遺構は近江の音羽城でも見ました。) さらに、西側には段郭が続いていたようですが明瞭ではありません。北西側尾根には堀切が残ります。主郭の広さや西側の帯郭から東側の郭の連続性から単に中小豪族の居館城ではないようですよね。

主郭下西側横堀または帯郭と土塁
歴史

史料には戸田甚左衛門あるいは大藤権允が城主と言う記録があるようですが確かでは無いようです。

主郭下西側      北側堀切
東側二重堀切
  

近くの城・関連の城: