美濃 / 岩村城



ファイルNo0929

江戸期三大山城のひとつ・戦国女城主の城

                            主要部石垣(東口門)

@ いわむらじょう 
  別名  −−−−−

A住所:恵那市岩村町城山
    旧:恵那郡岩村城

B目標地点:
C形式:山城  D比高:140m 
E現況:畑地・山林

F遺構等:郭・石垣・堀切・復元櫓・門・石碑・
     説明板・
<中世岩村城部分=土塁・堀切>

G時代/人物:鎌倉〜戦国・江戸/加藤氏・遠山氏・松平氏
H満足度: 凸凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  資料館より20分

J撮影・訪問時期:
2000年02月・10月
          2003年10月 2016年2月
          2018年06月 他

  

道案内  

中央自動車道恵那インタを下り、県道66号線で国道19号線に出ます。中津川方面へ進み、正家の信号で国道257号線に入ります。4.5Km先で阿木川大橋を越え、さらに、7Kmほど進んだ一色の信号を左折します。(直進は国道363号線明智方面) 1.2Km先でまた左折し国道363号線(中津川方面)に入ります。500m先を右折し、また、すぐ右折し、県立恵那特別支援学校(旧岩村高校校舎)横を過ぎます。居館跡から徒歩で本丸まで登るには、旧岩村高校校舎を過ぎたとところで右手に上がりますと岩村歴史資料館です。ここより案内板に従い登城道を登ります。
車で本丸に行くには、旧岩村高校校舎を過ぎたら左手に折れます。800m先を右折しさらに700m先を右折し山道を登ります。恵那中部ダム横を通り、約2Km先が出丸の駐車場です。あるいは、国道257号線で裏山の信号から約2.5km先を左折し登り道を登ると800m先が出丸駐車場です。
 
訪城備忘録
埋門

2000年2月に最初に訪れてから幾度となく訪城した城跡です。冬の城跡は、水墨画のような光景で幻想的でした。秋は紅葉の色に染められ、石垣とのコントラストが綺麗です。この岩村城は、近世城郭の中で日本三大山城(高取城・備中松山城)のひとつに数えられる城(標高721m)です。ほぼ縄張りは完存しており、各所に残る石垣は威圧感と美しささえあります。見所としては居館からの登城道の各門の石垣で、特に畳橋から大手門・三重櫓の付近、また、本丸周辺では二の丸と三の丸付近の六段の石垣、本丸東口門周辺石垣、本丸北西側の埋門石垣などでしょうか。埋め門石垣は修復を何度かしているため野面積み・打込ハギ・切り込みハギの三世代の石垣が混在しています。外側は野面積みであり埋め門の中は打込ハギ・切り込みハギが左右に見られます。南側には中世岩村城の遺構も残ります。北側の二の丸は残念ながら草ぼうぼうの状態です。2016年訪城の際は、山の斜面の木々が間伐、伐採され、眺望がよくなってました。


本丸
歴史

源頼朝の家臣の加藤景廉が文治元年(1185年)に築いたとされますが伝承に域のようです。いずれにしても加藤氏がこの地の地頭職につき、景廉の子の景朝が遠山氏を名乗りました。永正年間(1504〜1520年)の遠山頼景の時には中世岩村城は存在したとされます。元亀元年(1570年)に遠山景任が急死した後、織田信長の子の坊丸が養子として継ぎました。この時、景任の妻(織田信長の叔母)が後見したので、女城主の城とも言われます。天正元年(1573年)、武田氏の重臣秋山信友が岩村城を攻め景任未亡人を妻に向かえ和議が成立し岩村城は武田方の城となります。天正三年(1575年)に織田信長の嫡男信忠が岩村城を攻めて攻略し、川尻秀隆が岩村城城主となります。川尻氏が甲斐に転封後、団忠正・田丸直昌が城主となりますが、川尻氏の後は森蘭丸から三代森氏が城主という異説もあります。関が原の戦いで西軍についた田丸氏に変わり、江戸期岩村城は慶長六年(1601年)より大給松平氏が二代、寛永十五年(1638年)より丹羽氏が五代続き、元禄十五年(1702年)より再び大給松平氏が入り明治まで続きました。

岩村城=追加写真のページへ
東門周辺石垣
現地案内板より
  本丸より見る夕陽        夕陽が当たる本丸昇龍の井戸
            六段の石垣             
本丸北側石垣
長局埋め門
東郭下の弓なりの石垣
本丸から
夕陽に紅く染まる本丸西側石垣(出丸から)
本丸西側石垣
本丸西側石垣(出丸から)
本丸石垣の北側
本丸埋め門
六段の石垣
畳橋
麓の復元太鼓櫓
  
六段の石垣             移築の土岐門(徳祥寺)
雪の岩村城(2000年02月)

近くの城・関連の城:飯羽間城 苗木城 大将陣