信濃/ 龍岡城



ファイルNo0973


                            水堀

@ たつおかじょう 
  別名  −−−−−

A住所:佐久市田口
    旧:南佐久郡臼田町田口
 
B目標地点:田口小学校
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:学校・田畑・宅地

F遺構等:土塁・石垣・水堀・御台所・碑・説明板
G時代/人物: 江戸期/(大給)松平氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2005年08月

  

道案内 

上信越高速道佐久インタを下り、料金所を出て右折し700m先の佐久インタを西の信号で左折し国道141号線に入ります。約9Km先の跡部の信号を越えます。<国道142号線(国道254号線重複区間)との交差信号> さらに7.5Kmほど国道141号線を南へ行きます。城山の信号のひとつ手前の信号で左折し県道93号線に入ります。(城山とは国道の左手に見える小山が稲荷山城のためです) 400m先で千曲川を越え、さらに400m先でうすだ駅前で左折します。県道はすぐまた右折で踏み切りを渡り、道なりに800m先で雨川を渡ります。橋を渡ると右手に竜岡城(現田口小学校)の石垣が田んぼの向こうに見えてきます。川を渡って右折し進みます。
 
訪城備忘録

信州の五稜郭として有名な城です。幕末に洋式城郭を目指して築城されたものですが、未完成部分もありますし、堀の幅も5mほどしかなく実戦として使えるのかどうかでしょうが、函館のミニチュア版を見る感じなんでしょ 星の形をしているからあたりまえなのですが、堀の屈曲がなかなかおもしろいです。 城内は田口小学校になっていますが、建物としては位置を移動し御台所が現存しています。

大手門
歴史

松平氏三河奥殿藩は信州田野口に一万二石と三河の四千石を領して、三河奥殿に陣屋を構えていましたが、松平乗謨の時に田野口に移り、文久三年(1863年)より築城を開始し慶応三年(1867年)に完成したものですが、明治五年には取り壊されました。
大手門付近の堀          東側の堀
御台所(元の位置から移動してます)         西側の堀
  

近くの城・関連の城:奥殿陣屋 大給城 田口城