尾張 長久手城
長久手古戦場



ファイルNo0505


               城址碑             

① ながくてじょう 
  別名  -----

②住所:長久手市城屋敷
    旧:愛知郡長久手町
 
③目標地点:長久手観音
④形式:丘城  ⑤比高:--m 
⑥現況:宅地・小公園

⑦遺構等:碑・説明板
⑧時代/人物: 戦国期/加藤氏
⑨満足度:
⑩最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

⑪撮影・訪問時期:2002年05月

  
長久手古戦場碑

【道案内】 

東名高速名古屋インタより県道6号線で東に向かい砂子の信号で左折し300mの路地を左折し住宅街に入ります。200m先をまた左折し「血の池公園」の角で右折し100m先の長久手観音・小公園に城址碑があります。




【訪城備忘録】

碑があるのみです。周りは住宅地で土地改良などで城跡の痕跡も消滅したようです。

長久手古戦場は県道6号線の砂子の次の信号の古戦場南の信号で左折した左側の公園です。
*:長久手の戦いの首塚は岩作東城の近くにあります。

【歴史】

天正十二年(1584年)の長久手の戦い時の城主は加藤太郎右衛門忠景で 忠景は徳川方として日進岩崎城に入り豊臣方別働隊の攻撃で討死しました。長久手城もこの時落城したと考えられます。

  
勝入塚
  
  
  

近くの城・関連の城:岩作東城 長久手大草城