丹波 / 金山城



ファイルNo2897

小さいながら石垣の城・明智光秀が黒井城と八上城の連携を分断するために築いた城

             主郭下石垣

@ かねやまじょう・きんざんじょう 
  別名 

A住所:篠山市追入
B目標地点:追入神社
C形式:山城  D比高:290m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・石垣・碑・説明板
G時代/人物:戦国期/明智氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  40分

J撮影・訪問時期:2014年07月

  

道案内   ←登城口

舞鶴若狭自動車道の丹南篠山口のシンターで下り、丹南篠山口インタ前の信号を右折し県道94号線に入ります。750m先の味間新の信号で右折し国道176号線に入ります。13km先、鐘ケ坂トンネル手前の追入の信号で左折します。80m先正面が追入神社でこの前のT字を左に少し行くと右手に登城口があります。
 
訪城備忘録

登城口は追入神社横と大乗寺からも登れるようです。追入神社横から登るとすぐに獣除けのゲートを越えます。そこからひたすら登ります。 主要部下に広い平坦地と寺院跡(園林寺)があります。本堂跡脇からもう少し登ると主要部の虎口に至ります。土塁の虎口を抜けると細長い郭になり馬場跡とされます。馬場から二手に分かれますが、右手主郭に登って行きます。主郭は大きく二段に分かれ一段高い奥の郭の南側と西側に規模の大きな石垣が残ります。主郭から北側のスロ−プ状の虎口にも石垣が残ります。主郭からの眺望は抜群です。スロープ状の虎口から下りて行くと鬼のかけ橋と呼ばれる奇岩があります。ここから下を覗くと麓に国道が見え、まさしく絶壁の上です。

登り口の説明板
歴史

天正六年(1578年)明智光秀が築城したとされます。 天正三年(1575年)、織田信長に丹波攻略を命ぜられた明智光秀は黒井城を包囲しますが、天正四年(1576年)に八上城の波多野秀治が離反し挟み撃ちにあって大敗しました。天正五年(1577年)に再び丹波に攻め込んだ光秀は矢上城を包囲しますがなかなか落ちず、天正六年に波多野氏と黒井氏との連絡を絶つためにこの城を築城しました。天正八年には黒井城、八上城も落城しますが、金山城は存続しました。天正十年(1582年)、明智光秀が織田信長を本能寺で自害に追い込んだ後、山崎の戦いで羽柴(豊臣)秀吉に敗死した後に廃城になったと考えられます。

主郭虎口           主郭西下石垣
主郭より黒井城(右端後方)方面眺望
  
主要部虎口
馬場           主郭
南下石垣
虎口石垣         西下石垣
中腹の寺院跡と平坦地
鬼のかけ橋
鬼のかけ橋から下をのぞく
巨岩
国道から見上げて見る鬼のかけ橋

近くの城・関連の城: