相模 衣笠城



ファイルNo2146


                            

@ きぬがさじょう 
  別名 

A住所:横須賀市衣笠
B目標地点:大善寺
C形式:山城  D比高:60m 
E現況:山林・寺

F遺構等:郭・堀切・碑・説明板
G時代/人物:平安期/三浦氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  大善寺から10分

J撮影・訪問時期:2009年05月

  

道案内 

横浜横須賀道路の衣笠インタを下り、衣笠城址前の信号を左折し、すぐの太田和街道入口の信号を左折します。50m先の路地を斜め右に入り、450m先の右手高台が大善寺です。この裏山が城跡です。
 
訪城コメント

城跡の行き方は案内通りが楽ですが、この日の訪城は三浦縦貫道路の入口付近から山越えで城跡に行きました。周囲はただの山で遺構らしきものも無く、城跡も主郭と思われるところの背後が堀切っぽいですが定かではなく、郭も公園になっていて(公園といっても草むらみたいな感じですが)遺構らしきものは判別できません。やたらと城址碑が立ってますが・・・。大善寺も往時は城の一部であったようです。

歴史

平安後期の前九年の役で功があった平為通が源頼義から三浦の地を賜り三浦氏を名乗ったものです。康平五年(1062年)にこの城を築城しました。源頼朝の挙兵には四代の三浦義明は頼朝に従いますが、城はいったんは落城し、義明は討死しました。鎌倉幕府が成立後に再び三浦氏の本拠地なりました。宝治元年(1247年)の宝治の戦いで執権北条氏(時頼)に破れ、衣笠城も廃城になったようです。




  

             近くの城・関連の城: