丹波/ 篠山城



ファイルNo1573

天下普請の巨大な平城

              本丸石垣    

@ ささやまじょう 
  別名 桐ケ城 
A住所:丹波篠山市北新町 
   旧:多紀郡篠山町→篠山市

B目標地点: 
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:公園・市街地 

F遺構等:郭・石垣・水堀・復元大書院 
G時代/人物:江戸期/徳川氏(松平氏)
H満足度:
凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  三の丸駐車場から10分

J撮影・訪問時期:2000年05月・2011年09月2014年07月・2015年10月・2017年09月
2017年11月 2020年02月・10月 他

  

道案内 

舞鶴若狭自動車道の丹南篠山口インタで下り、県道94号線に左折し篠山市中心部に進みます。4Km先の尾根川北詰の信号で左折します。500m先で川を渡り、県道77号線との交差点、南新町の信号を直進します。550m先で左折し三の丸駐車場を利用します。 
京都方面から
京都方面より京都縦貫自動車道の亀岡インタで下り、国道372号線を湯の花温泉経由で進みインタから29Km先の信号で斜め右へ入り県道77号線を進みます。1.7Km先の京口橋で川を渡ったところの信号を左折、700m先の南新町の信号を右折です。さらには京都縦貫自動車道の園部インタで下り、国道477号線で西に進み、途中で国道372号線に合流します。この国道372号線はデカンショ街道というらしいです。
 
訪城備忘録

複雑な縄張りの城では無く、大きな方形の威風堂々とした石垣の城です。所謂、聚楽第型縄張りでしょうかね。本丸、二の丸を巡る内堀、三の丸の外を巡る外堀の水堀の広さ、主要部の石垣の高さが江戸期初期の天下普請の城の証なんでしょうな。外堀の南側に土の馬出し、北側に馬出痕跡、東側に全国的にめずらしい石垣の角馬出しも残ります。石垣には、諸所に刻紋が刻まれています。天守は建てられなかったんですが、天守台石垣は残ります。二の丸には木造で再建された二の丸大書院が建っています。また、武家屋敷なども残り、散策によい町です。

篠山市栗栖野地区には3ケ所の残念石(石垣で切り出されたが使わなかった石)が置いてある場所があります。石には刻紋を多く見ることができます。 

城址碑
歴史

徳川家康は大坂豊臣氏・西国大名の押さえとして、慶長十四年(1609年)に子の松平康重を常陸笠間より移封し、天下普請で篠山城の築城を命じました。池田輝政・藤堂高虎が縄張りを担当し、十五ケ国、二十の大名が築城にあたりました。以後、元和五年(1619年)に松平康重は岸和田に移封となり、藤井松平信吉が高崎より入封しました。藤井松平氏が二代、形原松平氏が五代続き、寛延元年(1748年)に丹波亀山より青山忠朝が入封して、青山氏の六代の居城として明治を迎えました。

篠山城の石垣を見倒す城跡巡り備忘録へ

夕方の西側石垣 2020年
廊下門から表門
表門側内堀と石垣と犬走り        西側の内堀  
二の丸西側石垣
二の丸南西櫓石垣
算木積みにある刻紋
夕方の西側石垣 2017年
夕方の南西隅石垣
夕方の南面石垣
夕方の南面・東面石垣と天守台
天守台
天守台から見る八上城
現地案内板より              コスモスと馬出
  
廊下門から表門
復元二の丸大書院
二の丸大書院内部
天守台                 二の丸埋め門
北側         外  堀         西側
   主要部石垣                   石垣上から内堀と三の丸
東門馬出し
外堀(東側)      外堀(西側)
南門馬出し      外堀(南側)
武家屋敷
武家屋敷内間家
表門石垣
南面東側石垣・天守台
南面西側石垣
埋め門周辺
埋め門
南東側から・天守台
    
   天守台     二の丸大書院
二の丸大書院
二の丸大書院と夕陽
埋め門
天守台
外堀
南馬出しの堀
残念石(栗栖野地区) 
国道372号線沿い残念石@
国道372号線沿い残念石A(残念石公園)
国道372号線沿い残念石A(残念石公園)
国道372号線沿い残念石A(残念石公園)
栗栖公民館前の残念石
栗栖公民館前の残念石
栗栖公民館前の残念石

近くの城・関連の城: