播磨 / 姫路城



ファイルNo1527

世界遺産。文句なしの名城です。

                    天守群(三の丸広場から)  

@ ひめじじょう 
  別名 白鷺城
A住所:姫路市本町 
B目標地点:姫路公園 
C形式:平山城  D比高:30m 
E現況:公園・市街地 

F遺構等:天守・櫓・門など現存多数
      ・石垣・水堀 

G時代/人物:戦国期/(赤松氏)黒田氏・羽柴氏
       
江戸期/池田氏・本多氏〜
H満足度:
凸凸凸☆☆
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  姫路駅から20分
J撮影・訪問時期:2002年11月・2003年04月
         ・2006年07月・2014年10月
         ・2017年07月・2019年02月

  
天守(備前丸から)

【道案内】 

山陽自動車道の山陽姫路東インタより播但連絡道で南下し姫路ジャクションから国道2号線姫路バイパスを西へ8Km先(あるいは中国自動車道福崎インタより播但連絡道で南下し25Km先が国道2号線姫路ジャンクション)の中地ランプを下り、下の信号を右折、3.5Km先の信号で右折し国道2号線に入り、1.7Km先の大手前の信号で左折した先が姫路城です。大手門前の信号の次の信号で右折し左手の大手前公園地下駐車場(有料)に車を止めるのが無難でしょうかね。

  


【訪城備忘録】

城案内は特に私がするまでもなくという感じですね。一日見てても飽きない優美な天守群、壮大な石垣群です。2003年は城の日(4月6日)が土日と重なり、また、桜が満開でしたので一層すてきな姫路城が見られました。この前日は夜間入城も出来、夜景の姫路城天守群を近くで見られます。2014年夏、天守の平成修理が外観が終わり、白亜の天守が蘇りました。内部も含めての修理完了は2015年春に完了しました。

この個別ページは説明より写真が多いページです。2017年、久しぶりに有料エリアに入ったんですが、あまり天気は良くなかったんですが、いろんな角度からの天守の写真や内部写真を撮ったものを掲載しました。写真を羅列している状態ですので、ご容赦ください。

2019年02月、東小天守、渡櫓、乾小天守の特別公開を見に行きました。当日はあいにくの雨模様でしたが、天守群だけの見学だけでは当然もったいないので、転用石、刻紋、時代別の石垣をゆっくりと見学をさせていただきました。刻紋は内郭だけで90個くらいあるそうです。羽柴系の石垣を追ってみると、「はの門」から「にの門」に至る逆Vの通路は羽柴氏系の石垣であるため、池田氏入封以前からこの形であったことがわかります。また、天守の位置も石垣から現天守の位置に羽柴氏の天守もあったと言われます。二の丸の石垣は羽柴氏系石垣と池田氏系石垣が入り混じった箇所があり、修復等で入り混じったようです。三国堀の算木積みが双方からあるように見える箇所は明治以降の修復で羽柴氏時代の空堀がわかるように修復したものだそうです。

【歴史】

元弘三年(1333年)に赤松則村(円心)が砦を築いて、正平元年(1346年)に則村の次男の赤松貞範が築城したとされ、その後、貞範が庄山城を築き移ったのちは小寺氏が守ったとされていましたが、この説は現在は否定されているようで、天文十四年(1545年)に黒田重隆が築城したとされます。重隆−職隆−孝高と続き、黒田孝高(官兵衛)は織田氏に付き、対毛利攻めの総大将の羽柴秀吉に従い、天正八年(1580年)に孝高は姫路城を秀吉に献上し、天正九年(1581年)には秀吉が姫路城を改修し、三層の天守を築いたとされます。天正十三年(1583年)に秀吉が大坂城を築いて移ると、弟の羽柴秀長、義兄の木下家定が居城し、慶長五年(1600年)の関が原の戦い後に、三河吉田城主の池田輝政が五十二万石にて入城しました。輝政は城を大改修し、慶長十四年(1609年)に五層の大天守が完成しました。現在の姫山(天守群側)の縄張りはこの時整ったとされます。元和三年(1617年)に輝政の孫の光政は因幡鳥取に移封となり、本多忠政が伊勢桑名城より入りました。忠政の子の忠刻に千姫が輿入れし、西の丸が改修されて化粧櫓などが築かれました。本多氏三代以後、松平氏や榊原氏などが2代程度で頻繁に城主を交代しました。寛延二年(1749年)に上野前橋城より酒井忠恭が入り、以後明治維新まで酒井氏の居城となりました。

  
西の丸渡櫓より(秋)
  
菱の門
   @詳細写真のページへ⇒⇒**

A2019年訪城<小天守・大天守内部写真>

B2019年訪城<刻紋・転用石・羽柴氏系石垣>

  

近くの城・関連の城:

          

蘇った白亜の天守(2014年撮影)
黒田氏時代(とされる)の石垣
「は」の門                 水の一門と油塀
二の丸の石垣
遠望
天守群の夜景
三国堀からの天守遠望             化粧櫓下より二の丸越に天守群
左から乾小天守・西小天守・大天守             喜斎門付近より   
天守群
大天守
三の丸より
三の丸広場から天守群
三国堀から天守群
はの門手前より
天守群
西小天守と大天守
大天守下から見上げる
との一門
備前門
向こう・備前門の石棺/手前・備前丸東下石垣石棺
四角の石垣は石棺を外した跡
外されてた石棺
上山里丸から天守群
ぬの門
ぬの門前の扇の勾配高石垣
ぬの門横石垣にあるハートの形??の石垣
天守内部など    
東大柱
西大柱
内室(うちむろ)
 天守内の中二階 ここから天守に侵入した敵を攻撃するそうな
東小天守
渡櫓二階
  
百陂L下の途中の入り口
百陂L下の長局
百陂L下
化粧櫓内部
化粧櫓下から天守
化粧櫓
化粧櫓下からはの門とにの門遠望
西の丸から天守群
埋め門石垣
中の門付近石垣
中堀と久長門石垣
中堀と土塁と内京口門石垣
内京口門石垣と土塁
北側より天守群
大天守北面唐破風下家紋意匠 沢瀉(おもだか)に近い紋=本多氏
大天守南面唐破風下家紋意匠 剣片喰(けんかたばみ)に近い紋=酒井氏
大天守南面下層の唐天守下の家紋意匠ですが、紋が描かれていない
 @詳細写真のページへ⇒⇒**

A2019年訪城<小天守・大天守内部写真>

B2019年訪城<刻紋・転用石・羽柴氏系石垣>