越前 波多野城



ファイルNo3140

畝状竪堀を多用した城

                            畝状竪堀 D

@ はたのじょう 
  別名 

A住所:吉田郡永平寺町光明寺・花谷
B目標地点:
C形式:山城  D比高:350m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・堀切・畝状竪堀・碑・説明板
G時代/人物:鎌倉期/波多野氏
H満足度: 凸凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  登り口から60分

J撮影・訪問時期:2016年08月・2017年04月

  

道案内 ←徒歩登り口  ←城跡   ←林道城山線の始点

北陸自動車道の福井北インターから 永源寺大野道路の永源寺インターから国道416号線に入り、約2km先、えちぜん鉄道光明寺駅近く、国道右手に登り口駐車場があり、説明板が設置してあります。 ここから登りますが距離は約2.3kmです。 城域に行くと林道が見えました。調べてみると林道城山線との事ですが、始点現地を確認してませんので通行可能かはわかりません。麓から相当に長い林道ですので入れても道中がどうなっているかもありますので危険はさけてください。

遺構写真の数字は説明板に書かれた番号を使用しています。スカイブルー矢印の通りに廻りました。

訪城コメント

2016年8月の盛夏、比高350mの城跡には登れませんでした。^^; 2017年04月、改めて登ってみました。林道城山線では無く、麓の説明板からの別の林道を登ります。林道ですが車は進入禁止です。麓から約2.3kmの道のりです。林道終点に説明板があり、尾根まで木の階段の登り道を行きます。尾根に登ると左手に進みます。すぐに堀切Gが見えてきます。その先に明瞭な畝状竪堀群Dがあります。畝状竪堀を見ながら左手尾根を進みます。尾根には堀切が2条あり、その先の山頂に主郭があります。主郭手前右手下に畝状竪堀C、土橋と呼ばれる長い細尾根・土塁?があります。畝状竪堀のDもCもわりと緩斜面にあり、敵が山の斜面の横移動を削ぐというものでは無い感じです。先の細尾根も土橋と呼ばれる箇所も自然地形では無く、削り残しなんかなと思わせます。畝状竪堀Cは水の手を守るため、畝状竪堀Dは主郭に近づくのを防ぐためかな? 主郭から北に向かって段郭が2段あり、その北側下の北東に堀切Bと北西に堀切C、東下に畝状竪堀Eがあるようですが、ここは斜面が急でかつ藪のため降りるのはあきらめました。戻って一騎駆けのような土橋を渡ります。その先に経塚と呼ばれるピークがあり、その南東に段郭が三段ほどあります。この郭群の東下に畝状竪堀@がありますが藪状態でした。郭群の南東下に堀切EとFもあるようですが藪のため断念しました。経塚から西の尾根に降りて行きます。この尾根の南側にも畝状竪堀Aがありますが、肉眼ではわかりますが藪でした。尾根の先に深い堀切Hがあります。この南側にも竪堀があります。堀切から北側へ降りて行くと水の手です。池になってますが湧いているのか雨水を貯めているのかよくわかりませんが、明瞭な谷部の水の手です。北側に再度登ると堀切Iを越えて畝状竪堀Dの下部分に出ます。これで城域を一周したことになります。この遺構は朝倉氏の一乗谷城山の構造に似ているところもあり、戦国期に朝倉氏の手で改修されたと考えられるようです。 登る前に麓で地元の方とお話ししましたが、経塚周辺の整備がまだなんやと言われてましたから、今後はその周辺も整備されるのかもしれません。

麓の説明板
歴史

城の築城時期、築城年代は定かではないようです。越前波多野氏は波多野出雲守義重を祖とし、承久三年(1221年)の承久の乱の功によって、吉田郡志比荘の地頭として相模(神奈川県秦野市の波多野氏丹波八上城の波多野氏も同族とされます。)より入部したとされてます。波多野氏は鎌倉・南北朝期に勢力がありましたが、戦国期には朝倉氏に従ったようです。、波多野氏館は永平寺町谷口・東古市にあったようで、波多野城は詰め城であったようです。戦国期には朝倉氏によって改修されたようです。天正元年(1573年)の織田信長の朝倉氏討伐時に廃城になったようです。

畝状竪堀 D               堀切 H
現地案内板より
  
      林道終点登り口と説明板         登り道途中「しあわせのアーチ」なんのこちゃ?
 尾根から              尾根の最初の堀切状
堀切 G                堀切 I
畝状竪堀 D
尾根と堀切 G            尾根と畝状竪堀 D
畝状竪堀 D  (堀切Iから)
尾根堀切 A           郭 Wと畝状竪堀 C
畝状竪堀 C
主郭手前堀切 @                土橋と呼ばれる土塁?尾根?
主郭と城址碑             主郭下段郭から主郭を見る
土橋と呼ばれる土塁?尾根?と堀切 @
土橋と呼ばれる土塁?尾根?
郭E付近             土橋と経塚のピーク
経塚から竪堀?(堀切方向)
畝状竪堀 @
畝状竪堀 B
畝状竪堀 C        経塚の切岸
堀切 H
堀切 H
水の手遠望
水の手
水の手から堀切Hを遠望
城跡遠景
城跡遠景
城跡遠景(林道途中から)
城跡からの眺望

近くの城・関連の城: