越前 / 藤島城



ファイルNo1636

南北朝の北朝の拠点

                                  城址碑と説明板    

@ ふじしまじょう 
  別名 

A住所:福井市藤島町
B目標地点:西超勝寺 
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:寺 

F遺構等:土塁・碑・説明板 
G時代/人物:南北期/−−氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2006年11月

  
土塁の痕跡

【道案内】 

北陸自動車道福井北インタを下りて料金所うを出て左折し、250m先の福井北インタの信号をまた左折します。400m先で北陸自動車道をくぐり、さらに800m先の東藤島の信号を右折して県道164号に入ります。200m先の京福電鉄越前本線東藤島駅の横の踏切を渡り、250m先の右手3本目の路地を右折します。そこから200m先の道なりに右に曲がりと西超勝寺です。 踏切から200mほどの左手路地に曲がってすぐ、公民館前にこの一帯(東藤島)の史跡マップの案内板があります。この近くに東超勝寺とありますので、お間違いなきよう。 東藤島の史跡マップ案内板をみると、藤島城の南側1.5Kmのところにある原目山(原目町)は南朝の陣城で波羅密城というようです。近くまで行って見ましたが、場所が特定できませんでした。

 


【現況・訪城記録】

寺の山門横に城址碑があり、本堂の裏手の墓地のそばに土塁の痕跡が残っています。

 
【歴史】

南北朝期の北朝の拠点で、平泉寺の僧兵が守ったようです。


  
本堂
  
  

近くの城・関連の城: