近江 / 長沢城



ファイルNo2471

小谷城の遺構とも伝わる浅井御殿が寺にある

                                    長沢城内堀跡碑   

@ ながさわじょう 
  別名 

A住所:米原市長沢
    旧:坂田郡近江町

B目標地点:福田寺
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:宅地・寺

F遺構等:堀
G時代/人物:平安期/長沢氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  福田寺から2分
J撮影・訪問時期:2010年05月

  

道案内 

北陸自動車道米原インタを下り、国道21号線を彦根方面に向かい、西円寺の信号で右折し国道8号線に入り約1.6Km先の顔戸の信号(国道8号線米原バイパスとの合流点)を左折し県道235号線に入ります。500m先の宇賀野の信号で右折し県道556号線に入ります。県道556号線は旧国道8号線です。2km先に長沢御坊のバス停がありここを左折したところに内堀跡の石碑があります。 
現況・訪城記録

集落の中心に福田寺があり、周囲の集落には水路が巡ります。道がくの字に屈曲しているところがあったりで、城の名残だろうか。福田寺には浅井長政が寄進した浅井御殿があり、小谷城の遺構とも言われます。内堀跡の碑は旧国道8号線のそば、集落の入り口にありました。

歴史

長沢義盛が保元の乱(1156年)の戦功によってこの地を領有して城を築いたとされます。その後長沢氏が長く領有したようですが、長沢氏は応仁の乱(1467〜77年)の頃に落城したようです。大永五年(1525年)、天文七年(1538年)に浅井氏攻めの六角氏の本陣にもなったとされます。

  福田寺山門                福田寺にある浅井御殿


  

近くの城・関連の城: