近江 / 常楽寺城
(木村城)
浄厳院/沙沙貴神社



ファイルNo1764

                      常楽寺港跡と後方安土城・観音寺城  

@ じょうらくじじょう 
  別名 木村城 

A住所:近江八幡市安土町常楽寺
    旧:蒲生郡安土町
B目標地点:常浜水辺公園

C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:畑地・宅地

F遺構等:なし
G時代/人物:戦国期/木村氏
H満足度:
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  公園駐車場から5分
J撮影・訪問時期:2007年09月

  

道案内  

名神高速道竜王インタを下り、国道477号線を北に向かいます。西横関の信号で右折し国道8号線に入ります。600m先日野川を越えた東川の信号で左折し県道326号線に入ります。4Km先の小船木町の信号で右折し県道2号線(朝鮮人街道)に入ります。1.6Km先中村町の信号を越え、そこより約5Km先の常楽寺の信号で右折し、300m先の右手が常浜水辺公園駐車場です。
 
訪城備忘録

城については、発掘調査では堀が検出されたようですが、現状、遺構はないようです。常楽寺は安土城築城以前から港があったようで、常浜の説明板には観音寺城の外港と書いてありました。その後、明治まで水運の拠点のひとつであったようです。集落内には常楽寺港跡の石垣、舟入跡の水路が残り、趣があります。また、この周辺には湧き水が三箇所あり、水がとても綺麗な集落です。梅の川と呼ばれる湧き水は武井夕庵が織田信長にお茶を入れた時に使った水であるとの事ですが、今はみずほらし^^; 北川の湧き水は清流で綺麗です。さらに、近くに「安土宗論」の浄巌院と近江源氏佐々木氏の氏神(佐々木氏発祥の地)の沙沙貴神社があります。沙沙貴神社には5月中旬に1週間のみ、なんじゃもんじゃの木の花が咲きます。

城跡推定付近
歴史

六角氏の家臣木村氏の居館であったようです。

舟入跡
 寺内濱                      北川湧き水
梅ノ川(湧き水)             城跡側の畑・石垣
  
浄厳院
楼門        沙沙貴神社        本殿
沙沙貴神社なんじゃもんじゃの木

近くの城・関連の城: