近江 / 馬杉本城



ファイルNo01722

                  主郭土塁  

@ ますぎほんじょう 
  別名 

A住所:甲賀市甲南町上馬杉
B目標地点:油日神社・哲蓮寺
C形式:丘城  D比高:30m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・堀切
G時代/人物:室町期/馬杉氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  哲蓮寺付近から8分

J撮影・訪問時期:2007年05月・2018年05月

  

道案内      ←登り口

国道1号線で湖南市(旧甲西町)方面から来ると、西名阪という信号の50m先の信号で右折し甲賀水口中心部に入ります。県道549号線を進みすぐの本綾野の信号で右折して水口町市街地(現:甲賀市)を抜けます。近江鉄道を越えて600m先の内貴橋北の信号で右折し県道122号線(旧:国道307号線)に入ります。道なりに1.5Km先の三大寺北の信号で県道4号線と合流し進みます。庚申口の信号で国道307号線を横切りさらに県道4号線を進みます。約6km先の野尻の信号で右折し県道134号線に入ります。約6km先の野川南の信号で県道134号線は左折です。県道134号線をさらに約4km先が上馬杉北口のバス停・油日神社のところです。 油日神社前の橋を渡り、50m先を左折します。100m先を右折し50m先を直進します。右角は上馬杉草の根ハウスろいう自治会館です。ここかその上の公園に車を止めます。直進した70m先の右手が誓蓮寺で、この斜め前を左に入ります。(馬杉本城の標識があります) 
(新名神自動車道の甲南インタからですと甲南インタ前の信号を右折しスーパー農道を進みます。約5km先のT字を左折した先が野川南の信号です。これを直進します。)
訪城備忘録

城跡には西側の哲蓮寺から東を見ると小屋のある平坦地があります。ここも郭跡のようです。この小屋の左手背後から小道が有り、そこを登ります。フェンスがあり、ゲードを超えて右手方向に登るとすぐに主郭です。主郭は北・西・南の三方を土塁が巡ります。西側に虎口があり、ここを降りてすぐに左手に行くと主郭背後の堀切です。この堀切を含め3連続堀切が残ります。この地区では一番大きく、かつ、技巧的です。名前の通り本城なんでしょうね。この城の川を挟んだ反対側に馬杉北城・馬杉中城・岡之下城などの馬杉城塞群支城があります。

城跡案内標識
歴史

馬杉丹後守の居城と伝わります。

三連続堀切の主郭下堀切        主郭高土塁       
城跡遠景
西側から城跡       登城道・竪堀?
  
主郭と巡る土塁
主郭虎口      主郭土塁
主郭虎口(外から)        主郭西側外
三連続堀切1
三連続堀切1
三連続堀切2     三連続堀切3
三連続堀切3

近くの城・関連の城: 馬杉城塞群