近江 / 黒田館



ファイルNo1700

筑前52万石福岡黒田藩の発祥の地

                          「黒田氏発祥の地」の碑  

@ くろだやかた 
  別名 

A住所:伊香郡木之本町黒田
B目標地点:黒田集会所
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:宅地

F遺構等:碑・説明板
G時代/人物:鎌倉期/黒田氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  2分

J撮影・訪問時期:2007年04月

  

道案内 

北陸自動車道木之本インタを下り、木之本IC口の信号を直進し、国道365号線に入ります。1Km先の点滅信号を右折します。400m先左手、黒田集落の中の黒田集会所が館跡です。
 
訪城コメント

集会所の片隅が小庭園風になっていて、碑と説明板がありますが、遺構はありません。


歴史

筑前福岡五十二万石の黒田氏は、近江源氏佐々木氏の流れをくみ、黒田宗清が鎌倉末期から南北朝(宗清:弘安元年(1298年)生〜延文二年(1357年)没)の間に黒田に住したとされます。六代目の高政が永正八年(1511年)の船岡山の戦い後に、備前福岡に移住するまで、黒田氏の居館がありました。<現地案内板より>



  

近くの城・関連の城: