近江 大野木館



ファイルNo1299

浅井氏の重臣の大野木土佐守の居館

                            城址碑と館跡

@ おおのきやかた 
  別名 

A住所:米原市大野木 
     旧:坂田郡山東町

B目標地点: 大野木公民館・八相宮
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:田畑・宅地 

F遺構等:碑 
G時代/人物:鎌倉期?/大野木氏
H満足度:
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2006年03月

  
大峰山遠望

【道案内】 ←城址碑の位置

名神高速道米原インタを下り、国道21号線を大垣方面に進みます。約8Km先の柏原の信号を左折し県道551号線に入ります。2.5Km先で新幹線を越え、200m先で左折した角が公民館と八相宮です。さらに集落の中に進み、150m先で左折し新幹線を越えて右折した先に城址碑があります。



【現況・訪城記録】

大野木集落の南側、新幹線沿いに城址碑があります。大野木集落の入口にある八相宮あたりまで居館があったと思われます。八相宮裏手に土塁・空堀らしきものが残ります。東側の大峰山の尾根上に大峰砦があり、左の写真の中央が千畳敷、左手NTTの鉄塔辺りが北砦のようです。周辺マップは公民館に設置してあります。


【歴史】

浅井氏の重臣の大野木氏の居館です。小谷城の清水谷には土佐屋敷として大野木氏の屋敷が残ります。

  
八相宮
  
  

近くの城・関連の城:

            

現地案内マップより