近江 / 西正福寺城



ファイルNo0866


                            北側土塁(郭外より)

@ にししょうふくじじょう 
  別名  −−−

A住所:湖南市正福寺  
    旧:甲賀郡甲西町正福寺
B目標地点:正福寺(大日寺)
C形式:平山城  D比高:30m 
E現況:山林・寺跡

F遺構等:土塁・堀・関連説明板
G時代/人物: 室町期/青木氏 
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  正福寺から10分

J撮影・訪問時期:2003年01月・2005年4月

  

道案内 

名神高速道栗東インタから国道1号線を甲賀・鈴鹿方面に向かいます。インタより約6Km先の石部口の信号で左折して県道22号線に入ります。野洲川を越え、菩提寺の信号で右折し県道27号線を1.2Kmほど進みます。県道沿いに「正福寺(大日寺)」の石碑がありここを左折し寺まで行きます。
 
訪城記録

「正福寺(大日寺)」の西側、寺より小道が続き、途中左手の斜面の下に土塁に囲まれた区域があり、さらに西側は墓地と清寿寺跡五輪塔のところまでが城域のようです。墓地の東側(正福寺の西側)周辺にはコの字に土塁が巡り、虎口横には堀も確認できます。さらに南側にも郭(一部石積みの痕跡も感じられます。)があり、ここにも東側に平虎口があります。しかしながら、ここは寺の山門跡と言われても納得しそうな感じです。

土塁(郭内より)
歴史

青木氏の城と伝えられますが、清寿寺関連遺跡とも考えられます。


南の郭の土塁?              石積み痕跡?

  
清寿寺跡五輪塔          北側土塁を横から

近くの城・関連の城: 東正福寺城