近江 / 大嶽城



ファイルNo0776

大きな弧を描く中腹の空堀と土塁、外側の大きな堀切と竪堀など一度はみてほしい

                 主郭の南下郭土塁

@ おおづくじょう 
  別名  −−−−−

A住所:長浜市小谷上山田町〜小谷丁野町
    旧:東浅井郡湖北町上山田〜丁野
(ようの)
B目標地点:
C形式:山城  D比高:350m 
E現況:山林

F遺構等:土塁・石垣・堀・堀切・竪堀・説明板・碑
G時代/人物: 戦国期/浅井氏
H満足度:
凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  小谷城中腹駐車場より40分

J撮影・訪問時期:2003年04月・2008年04月
             2013年04月・2015年04月

             2017年04月

  

道案内 

北陸高速道長浜インタを下り、県道37号線を東に進みます。3Km先の国道東上坂の信号で左折し国道365号線に入ります。約7Km先須賀谷温泉入口の標識を越えると右手に小谷城の標識がありここを右折します。(郡上南の信号300m手前)後は案内に従い2Km先の山腹の駐車スペースまで登ります。この駐車スペースより小谷城本丸は10分です。本丸より中丸〜京極丸〜小丸〜山王丸を経ていったん50mほど下り六坊を越えると大嶽城の登城口です。ここより10分ほどで城跡です。
 
訪城備忘録

大嶽山(小谷山)山頂を主郭とし、主郭より20mほど下がった北側から南・西側にかけて広い平坦地とその外側を土塁が巡ります。主郭は低い土塁が巡る単調な郭ですが、主郭下を巡る郭は兵站基地という感じがしますので、多くの将兵がここに駐屯したように思えます。北側下には二重堀切があり、西側の郭下で山崎丸に向かって大竪堀が2本延びています。また、南西側下虎口にはわずかですが石垣が残ります。

主郭と城址碑
歴史

大永五年(1525年)頃の小谷城本丸はこの大嶽城であったようです。その後の拡張で現在の本丸に移ったようです。小谷城の主要郭である本丸〜京極丸〜山王丸に比べると土塁の作り方が古いとの事です。天正元年(1573年)朝倉氏の援軍が守備していましたが、大嶽城の北にある焼尾丸を守備していた浅見対馬守が織田氏に寝返ったため、これの手引きで落城しました。 <現地案内板より>

主郭下郭南西側土塁         主郭下西側堀と土塁
2008年
2013年
二重堀切
二重堀切(外側)
竪堀
虎口と石垣
2015年
周囲を巡る堀状と土塁
二重堀切のひとつ
2017年
あいにくの雨模様でしたが、かすんで幻想的な光景です。

近くの城・関連の城:小谷城