近江 / 勝楽寺城



ファイルNo0703

佐々木(京極)道誉の墓がある

                                    主郭北側の石垣  

@ しょうらくじじょう 
  別名  −−−−−

A住所:犬上郡甲良町正楽寺  
B目標地点:勝楽寺
C形式:山城  D比高:150m 
E現況:山林

F遺構等:郭・石垣・堀
G時代/人物:南北朝期/高筑氏・京極氏 
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  勝楽寺から20分

J撮影・訪問時期:
2001年05月・2013年12月

  

道案内 

名神高速道彦根インタを下り、国道307号線で多賀方面に進みます。10Km先甲良町金屋の信号で左折し県道227号線に入ります。600m先の名神高速のガードを過ぎすぐに右折し勝楽寺へ向かいます。この裏手より登ります。
 
訪城記録

勝楽寺の右手より獣除けゲートを越え、急な山道を20分ほど登り尾根に至り、左手に向かいますと主郭です。主郭下にはけっこう大きな石で構成されている石垣が残ります。主郭を中心に東西の尾根上に郭が続きます。2001年に訪れた時はけっこ藪状態でしたが、2013年には伐採などされ見学しやすくなっていました。

歴史

高筑(たかつき)豊後守が佐々木(京極)道誉(高氏)(1306〜1373年)の所領を守るため<北朝元号:応安元年>(1368年)に築いたとされます。その後、多賀氏の居城となっていたようですが、戦国期織田信長に攻められ落城しました。麓の勝楽寺は<北朝元号:暦応四年>(1341年)に道誉が建てた寺で、道誉の晩年の居館でもありました。道誉は、ばさら大名として知られています。(「婆娑羅」とは南北朝期の美意識で「遠慮なく振舞いや派手で傍弱無人なこと」をいいます。)  <現地案内板より+資料 >


主郭                             主郭下石垣
主郭下石垣
尾根上

   郭(2001年)                    佐々木道誉の墓

  

近くの城・関連の城:柏原城 上平寺城