美濃 / 山口城居館
法林寺城+祐向山城



ファイルNo1245

古田織部生誕地など

                          法林寺城・祐向山城(法林寺城背後に山頂だけ見えている)遠望  

@ やまぐちじょうきょかん
   ほうりんじじょう・いこうやまじょう
 
A住所:本巣市山口 山口城居館
    本巣市文殊 法林寺城
    本巣市法林寺 祐向山城 <途中断念>

B目標地点:文殊の森・道の駅織部の郷・織部駅 
C形式:山城<法林寺城> D比高:250m 
E現況:居館:宅地・竹薮 山城:山林 

F遺構等: 居館:土塁・碑・説明板
      
山城:郭・堀切
G時代/人物:戦国期/古田氏
H満足度: 凸+☆
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  文殊の森35分
J撮影・訪問時期:2006年02月

  
法林寺城南の堀切

【道案内】 ←法林寺城

国道21号線で岐阜市方面から来ると、長良川を瑞穂大橋で渡り、900m先の朝日大学口の信号で右折し県道23号線に入ります。5Km先の信号で直進し国道157号線には入ります。900m先で国道303号線左折の分岐交差点がありますが直進し国道157号線をそのまま進みます。4.5Km先で県道78号線と交差します。その先1.5Kmに道の駅織部の里があります。この手前100mほどに文殊の森の案内板がありこれに従い右折します。各所の案内板に従い道なり900mほど進むと文殊の森駐車場に至ります。

ここより森の案内板に従い左手方向に登ると山口城経由(野鳥の森経由)で望郷の展望台に向かいます。ここが法林寺城です。または駐車場からまっすぐ進みキャンプ場を越えて急な坂道を上り、文殊峠を越えて比高230mを登りきると望郷の展望台(法林寺城)です。さらに、望郷の展望台から北に下りて尾根を進むと祐向山城に至るようです。

山口城居館は織部駅の西側線路沿いです。国道157号線の道の駅の手前の信号を左折し、踏み切りを渡って、50m先を右折した先の竹薮が居館跡です。線路沿いに主殿の碑、左手に進むと屋敷跡の碑があります。


【現況・訪城記録】

この日は山口城より遊歩道を進み望郷の展望台に向かいました。山口城よりいったん遊歩道まで比高50mほど下がり、遊歩道を再び東の峰に向かって登ります。途中から南側から階段状の遊歩道を登ります。浅い堀切が確認できました。展望台にはソーラー発電設備を持った防災通信施設が建てられています。山頂部は施設の大きさのわりには平坦地が広く、北側、東側は急な斜面になっていました。西側は北と西に尾根が続いているようで、北側に浅い竪堀状の形状が認められました。その先は藪状態でしたが、堀切があったようです。実はここが城跡だったというのは下山してから気付きました。^^;、この望郷の展望台(法林寺城)から北側の峰が祐向山城なのですが、夕刻が近づいていたため向かうのは断念しました。資料を見ると祐向山城の東の尾根には掛洞城という城もあるようです。

山口城居館は国道157号線の道の駅及び織部駅の西側にあります。大きな竹薮になっておりとても中に入れる状態ではありません。東側、線路沿いに土塁が南北に残っています。


【歴史】

祐向山城は説明板に簡単に弘安元年(1278年)に藤崎十郎四郎泰綱、大永七年(1527年)には斉藤道三が城主と書かれてました。 大永七年は斎藤道三(当時は西村勘九郎)が企てて、土岐政頼を追って頼芸が美濃守護となった年で、この恩賞で祐向山城主となっています。この城は永禄七年(1564年)に斉藤龍興が竹中半兵衛のクーデターで稲葉山城(岐阜城)を追われた時に逃れた城とも伝えられます。

法林寺城は祐向山城の支城でしょうか?詳細不明です。

  
法林寺城より祐向山城を見る
  
祐向山城・右手尾根に掛洞城
  
  

近くの城・関連の城: 山口城

            

山口城居館
山口城居館            居館土塁
屋敷跡
道の駅山門ギャラリー              条里の標識   

現地案内板より