美濃 竹中氏陣屋



ファイルNo0908


                            堀と石垣

@ たけなかしじんや 
  別名  −−−−−

A住所:不破郡垂井町岩手
B目標地点:岩手小学校
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:畑地・山林

F遺構等:石垣・水堀・城門・碑・説明板
G時代/人物: 江戸期/竹中氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2003年07月・2014年05月

  

道案内 

大垣市内より国道21号線で来ると、垂井町に入って2.5Km先の御所野の信号で右折し県道257号線に入り、1Km先の御幸橋で川を渡ったらすぐに左折します。道なりに2.1Kmほど行くと県道53号線の交差点ですので、いったん左折しすぐの信号を右折します。750m先左手が岩手小学校でここが陣屋です。(関が原方面から来ると、国道21号線関が原バイパスから県道53号線に入り、1.2Km先を左折します。)
 
訪城備忘録

陣屋跡は岩手小学校などになっていますが東側に櫓門及び石垣と水堀が良好な形で残ります。

櫓門内の石垣
歴史

竹中半兵衛重治が天正七年に陣没後、嫡男重門は幼いため豊臣秀吉の元で育ち天正十六年(1588年)に元服して岩手に入り、菩提山城を廃して新たに岩手に館城を築きました。江戸期に入り竹中氏は6000石の旗本となり十三代続いて明治維新まで続きました。

陣屋櫓門
  

近くの城・関連の城:菩提山城