美濃 清水



ファイルNo0493


                            石垣と石垣の上に城址碑

@ きよみずじょう 
  別名  −−−−−

A住所:揖斐郡揖斐川町清水  
B目標地点:清水小
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:学校・田畑・宅地

F遺構等:石垣・石碑・説明板
G時代/人物:室町・戦国期/林氏・稲葉氏 
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2004年07月

  

道案内 

大垣市内の国道21号線の河間の信号で右折し国道417号線を進みます。国道417号線を道なりに進み14Km先、揖斐川を越えた先の信号で右折し国道303号線に入ります。2.7Km先、郵便局手前で右折し清水小学校に至ります。小学校より国道挟んで反対側の揖斐川町長良に月桂院があり、ここに一鉄の墓があります。 
訪城記録

清水小学校一帯が城址です。学校の東側の石碑の下側面に石垣が残ります。また、北側民家に移築の城門と伝わる門が残ります。

歴史

延文元年(1356年)に林七郎左衛門が清水山城を築いたのが始まりです。弘治元年(1557年)稲葉良通(一鉄)がこの城を攻め落として、平地のこの地に平城を築きました。天正七年(1579年)以降、一鉄は曽根城を嫡子貞道に譲り、この城を居城とし、天正十六年(1588年)に一鉄死去後は重通、通重と続きますが、通重の時に改易となります。


清水陣屋の移築城門(伝承)           稲葉一鉄の墓(月桂院)

  

近くの城・関連の城: 曽根城 本郷城