飛騨 / 高山陣屋



ファイルNo0430


                            

@ たかやまじんや 
  別名  −−−−−

A住所:高山市八軒町1丁目  
B目標地点:
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:陣屋

F遺構等:現存陣屋・説明板
G時代/人物: 江戸期/徳川氏 
H満足度:
凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分


J撮影・訪問時期:1999年08月・2005年11月 
             2007年11月

  

道案内  

高山市内JR高山駅近く国道41号線と国道158号線との交差点(上岡本町)の信号で国道158号線に入りJR高山線を渡り信号3つ目で国道は左折しましが直進して県道480号線に入ります。300m先で左折し150m先が高山陣屋です。 

訪城コメント

全国でもめずらしい現存の陣屋です。御用場、御白州などの陣屋構造を江戸期にタイムスリップした気分で見学できます。小学校の遠足で来た覚えはありますが、それから四半世紀を越えて再び訪れたという事になりました。

建物内より庭園を見る

表門
歴史

元々は高山城の下屋敷(向屋敷)であったところに、元禄八年(1595年)に天領管理の代官所が設けられました。明治になり庁舎などに利用され昭和四十四年より国指定史跡として今日まで続いています。



  

 

近くの城・関連の城: 高山城