信濃/ 高島城



ファイルNo0397


                         復興天守   

@ たかしまじょう 
  別名  −−−−−

A住所:諏訪市高島1丁目
B目標地点:
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:公園・宅地

F遺構等:復元天守・復元門・水堀・石垣・碑・説明板
G時代/人物: 戦国期/**氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  10分

J撮影・訪問時期:2001年04月

  

道案内 

中央高速道諏訪インタを下り、すぐの国道20号線新道を左折し進みそのまま県道487号線に入り進みます。上川沿いを進み六斗橋の信号で右折し県道50号を進みます。1Km先右手が市役所でその先左手が城跡です。 
訪城備忘録

浮城で有名な高島城も今は本丸跡(石垣と水堀)が町の中に残るのみという感じです。復興天守が建ち、櫓城門復興されています。また、城址公園西側には三の丸御殿裏門が移築されています。

移築:三の丸御殿裏門
歴史

豊臣秀吉の命で日野根織部正高吉によって縄張りされ文禄元年(1592年)に築城開始し慶長三年(1598年)に完成しました。慶長六年(1601年)に諏訪頼水が入り、以後、十代諏訪忠礼までの270年間の間、諏訪氏の居城でありました。 <現地案内板より>

  

近くの城・関連の城: