尾張/ 河和城



ファイルNo0575


                            

① こうわじょう 
  別名  -----

②住所: 知多郡美浜町河和 
③目標地点:厚生病院の東側丘陵
④形式:丘城  ⑤比高:50m 
⑥現況:畑地・山林

⑦遺構等:堀・土塁・説明板
⑧時代/人物: 戦国期/戸田氏
⑨満足度: 凸凸
⑩最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  厚生病院から10分

⑪撮影・訪問時期:2003年07月

  

道案内  

半田市内より国道247号線で南下し、河和駅前の信号で右折し県道275号線に入ります。300m先で県道274号線と合流し(南知多道路美浜インタからは県道274号線で南下し美浜町役場東の信号で県道275号線と合流し右折になります。)600mほど進んだ左手に知多厚生病院がありますのでその手前で左折します。病院の東側の丘陵が城跡です。

訪城備忘録

病院手前で左折しすぐの山肌に説明板があります。さらにその道を登り城跡の裏手の集落に回り込みますと城口観音があります。城跡に登る道は説明板より100mほど登ったところにありますが明瞭ではありません。よくわからなかったため病院側の山肌より登りやすいところがありましたのでそこより直登してしまいました。20mほど登ると横掘が明瞭に残っていました。この横掘は主郭部を巡り長く明瞭です。この横掘部分を伴う郭より主郭へは木の階段とロープが設置してあります。主郭は畑地になっていたようで遺構らしきものはありません。南側竹薮に土塁・堀の遺構も認められますが藪がきつくて入り込めませんでした。

城口観音
歴史

長禄年間(1457~1460年)に渥美半島田原の戸田氏の一族が築き居住しました。戸田守光は小田原の陣で討ち死にしたため廃城となりました。

横堀      主郭
  

近くの城・関連の城:田原城