尾張/ 前田城



ファイルNo0540


                     境内の城址碑           

① まえだじょう 
  別名  -----

②住所:名古屋市中川区前田西町1丁目 
③目標地点:前田速念寺・長須賀小の東側
④形式:平城  ⑤比高:--m 
⑥現況:寺

⑦遺構等:碑
⑧時代/人物: 戦国期/前田氏
⑨満足度:
⑩最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

⑪撮影・訪問時期:2002年07月

  

道案内  

熱田神宮より国道19号線で北に向かいます。1.2Km先の新尾頭の信号を左折し県道29号線に入ります。2Km先で中川運河を越え、400m先の松葉公園の信号から1.6Km先の高畑の信号を越え、1.6Km先で庄内川を新前田橋で越えます。橋から下った200m進んだところで右折すればいいのですが中央分離帯がありますので500m先の助光の信号で右折しすぐの路地をまた右折し県道29号線に戻り、新前田橋の手前200mで左折した200m先に前田速念寺です。

訪城備忘録

加賀前田氏発祥の地で、現在は前田速念寺です。山門横と境内奥に碑があります。

前田速念寺
歴史

築城時期は定かではありません。 菅原氏系の者がこの地に住みつき前田氏を名乗ったとされます。天文七年(1538年)に前田利家はここで生まれ7歳で荒子城に移ったといも言われています。前田利昌が天文十三年(1544年)に荒子城を築き移ったため、前田城は廃城になりました。

  

近くの城・関連の城:荒子城