尾張の城035  

                                                                               

長谷川秀一邸  1389
城址碑

北方の渡しの説明板
A一宮市北方町
 旧:葉栗郡木曽川町
B北方中学
名神高速道の一宮インタから国道22号線を岐阜方面に進みます。東海北陸自動車道の一宮木曽川インタ下から2.8km先、北方町の信号を左折し、すぐをまた左折します。200m先の中学校正門前に石碑があります。本来の居館跡は公民館の周囲だったらしいですが碑はここに持ってきたらしいです。

C平城
F遺構等:碑 
G戦国期/長谷川氏 
H満足度:凸
長谷川秀一は早くから織田信長の小姓として仕え、信長の死後は秀吉に従いました。天正十二年(1584年)に越前東郷槇島城十五万石の城主になりましたが、文禄の役の際、文禄三年(1594年)に朝鮮で病死したと伝わります。

J訪城:2006/04
  
玉の井城  1455
念敬寺

A一宮市玉の井
 旧:葉栗郡木曽川町
B念敬寺
東海北陸自動車道の一宮木曽川インタから大毛西の信号を西に向かい、県道175号線に入ります。1.5km先、内割田の信号を越え、1.2km先の外割田の信号で県道14号線を横断します。1km先の右手が念敬寺です。遺構はなにも無いようですが、感じのいいお寺でした。

C平城
F遺構等:なし
G平安・鎌倉期/岩田氏・玉の井氏 
H満足度:凸
岩田采女正居の居城と伝わり、その後、源平合戦で功のあった玉ノ井四郎が居城したとされます。信長が尾張を統一した頃には廃城であったようです。

J訪城:2006/05
   
上条城  0936 


A春日井市上条町
B
東名高速道の春日井インタを下り、国道19号線を名古屋市内の向かいます。3.5km先の瑞穂通5丁目の信号で左折し県道25号線に入ります。1.4km先(JR春日井駅を越えたところ、上条小学校そば)の上条跨道橋南の信号を左折します。100m先の信号をさらに路地へ直進した先の左手が城跡です。城址碑も説明板もなく、古い家と鬱蒼とした屋敷森のある一帯でした。2007年にこの周辺は一切取り壊され、発掘調査の後、開発されたそうです。
2008年11月に立ち寄って見ましたが、確かに建物は無くなり、木々は伐採されて、2/3は駐車場になってましたが、フエンスで区切られた西側と北側にL字に土塁と堀がまだ残されていました。整備してこの部分だけは残すのかもしれませんが・・。夜に立ち寄ったため、写真には収められませんでした。

C平城
F遺構等:土塁 
G鎌倉期/小坂氏 
H満足度:凸
建保六年(1218年)に今井兼平の孫の小坂孫九郎光善の築城したものと伝わります。永禄・元亀年間には、佐々成政の与力の小坂孫九郎雄吉が二万四千石で居城していたとされます。天正十二年(1584年)の小牧長久手の戦いでは、池田恒興が三河攻撃の途中にこの城でに一時休息したと伝えられます。

J訪城:2004/09・2008年11月