西三河 洞城



ファイルNo0893


                                 郭? <後方は愛知病院>   

@ ほらじょう 
  別名  −−−−−

A住所:岡崎市洞町本郷  
B目標地点:額洞寺の北側
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:宅地・畑地

F遺構等:郭?
G時代/人物: 戦国期/本多氏 
H満足度:

I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  額洞寺から徒歩4分


J撮影・訪問時期:2005年05月

  

道案内 

東名高速道岡崎インタから国道1号線に入り、すぐを右折して県道26号線に入るといいのですが、実際はインタから降りると県道26号線へは右折は不能です。どこかでUターンして県道26号線に入り豊田方面に進んでください。500m先の欠町の信号で右折し100m先を斜め左の路地に入り、さらに250m先の路地を左折し200m先右折100m先左折で東名高速道沿いの道に出て額洞寺に至ります。 

訪城備忘録
郭の切岸?・堀?

額洞寺付近は新興住宅地になって寺を含めなにもありません。城仲間に教えてもらったのですが、東名高速道沿いに寺より北側に200mほど行くと県立愛知病院の下に写真の畑地があります。なんとなく郭跡と堀跡の雰囲気があります。

額洞寺
歴史

本多屋敷といい、本多平八録忠勝が西蔵前城から移りました、忠勝が浜松へ移った後は、山下庄大夫が在城したと伝えられます。


  

近くの城・関連の城: 西蔵前城