西三河/ 大坪城



ファイルNo0758

小ぶりながら畝状竪堀が明瞭な形で残っている城

                           主郭南側下畝状竪堀 B 

@ おおつぼじょう 
  別名  −−−−−

A住所:豊田市大坪町 
     旧:東加茂郡旭町大坪大入
B目標地点:笹戸カントリークラブ

C形式:山城  D比高:60m 
E現況:山林

F遺構等:畝状竪堀・堀切・土塁
G時代/人物: −−期/−−氏
H満足度:
凸凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  林道入口から15分


J撮影・訪問時期:2005年04月・2006年04月

  
主郭北側の横掘と土塁 A

【道案内】 

旧足助町中心部(香嵐渓)より国道153号線を北上、5Km先の新盛で県道19号線に入り3Km先の旧旭町杉本の敷島小学校前の信号で左折し県道490号線を進みます。大坪町の津島神社前で左折し立石寺の前を過ぎ赤い橋を渡り200m先で∧字に曲がりゴルフ場のクラブハウスに向かいます。(この分岐点のところにある丘が大坪古城です。)ゴルフ場進入路を500mほど進むと左に曲がる林道があります。この分岐点のところが広いので車は止めておけます。林道側へ30m進んだところの左側に電源開発の巡回のための細い山道があります。ここから岩の多い沢沿いにしばらく登り、さらに山道を登ると鉄塔の場所にでます。ここからさらに尾根を進むと城跡の西側に到達します。
  



【現況・訪城記録】

ここの城の特長は小規模で竪堀の長さもあまり長くはありませんが、北側と南側に畝状竪堀がある事です。特に南側の3条の畝堀Bは本当に明瞭です。時期もあるのでしょうが、草木も無く明瞭な形で残っています。小渡城の畝状竪堀より明瞭でした。それと東側の堀切と土橋<写真@>も綺麗な形で残っていますし、折れの入った虎口も確認できます。<写真C・D>。この周辺は小原市場城、小渡城、白石城にも畝状竪堀があります。愛知県でもこの周辺に集中しています。この畝状竪堀は隣接する岐阜県の明知城にも見られるもので、一定の地域のみの築城共通点であるというのはおもしろいです。その時の当地の築城法の流行?だったのかな・・・? 史料によると周囲の豪族がひとつの城を共同で普請に当ったという記録もあるようです。 この城は小規模なものですが、遺構は見応えありました。旧旭町の城跡では槙本城に匹敵する技巧的な城で、どうしても小豪族の城とは思えません。



【歴史】

築城時期・城主などは不明ですが、永禄年間の築城ではないかと考えられます。


  
主郭側より虎口空間の土塁を見る C
  
城址遠景
     
  

近くの城・関連の城:大坪古城

          

畝状竪堀を西側から見る        仕切り土塁(主郭南側下)
主郭東側下堀切と土橋 @
   主郭東側堀切@−3          主郭下西側虎口 D 
主郭北側下横堀(帯郭?)形状と仕切り土塁
城域西端の竪堀