西三河/ 秦梨城山城



ファイルNo0299


                        県道35号線沿い民家前にある碑    

@ はたなししろやまじょう 
  別名  −−−−−

A住所: 岡崎市秦梨町林中 
B目標地点: 
C形式:山城  D比高:70m 
E現況:山林

F遺構等:(郭・堀)・碑
G時代/人物: 室町期/栗生氏
H満足度: 途中断念

I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  途中断念


J撮影・訪問時期:2003年09月

  

道案内  

東名高速岡崎インターより国道1号線で音羽・豊橋方面へ向かいます。インターより1km先乙川の太平橋手前の太平橋北の信号で左折し、次の太平支所南の信号で右折して県道35号線に入ります。県道35号線を3Kmほど進み、県道324号線との交差点「茅原沢町」の信号を越えます。県道35号線をさらに2Kmほど進んだ右手の山の山頂が城跡ですが、そこまで行けませんでした。
 
訪城備忘録

県道35号線沿い(茅原沢町から秦梨町に向かって左側)に「南朝忠臣の碑」というのが建っていました。碑には「四代目 栗生才門次郎輔時公新田義貞家臣・・・(途中略)・・・八代目 栗生良吉氏定公南朝の忠臣近江三井寺にて戦死」と書かれてあります。城山には時間が無くて行けなかったですが、郭と竪堀が残っているようです。

城跡遠景
歴史

この城は栗生将監永信(信盛の父)の城との事。
  歴史は秦梨城にて
  

近くの城・関連の城: