西三河/ 上和田城



ファイルNo0289


                          大久保一族の碑  

@ かみわだじょう 
  別名  −−−−−

A住所: 岡崎市上和田町南屋敷 
B目標地点:上和田公民館 
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:宅地

F遺構等:石碑説明板
G時代/人物: 室町期/大久保氏
H満足度:
凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分


J撮影・訪問時期:2004年04月

  

道案内  

岡崎城の西国道1号線と国道248号線の交差点「八帖」の信号を国道248号線で南下します。「六名1」の信号で右折し県道293号線に入ります。1.5Km先「上和田西」の信号で左折し県道48号線に入り500mくらい進んだ県道沿い右側の上和田公民館に大久保一族の石碑があります。
 
訪城コメント

県道沿いに石碑と案内板、県道より一本中に入った道の民家の庭に「上和田城堀跡」の碑がありました。

上和田城堀跡碑
歴史

大久保氏は宇都宮氏の一族で泰藤の時、南朝系として活躍しましたが、三河に定住し宇津氏を称し上和田城を築きました。泰藤から八代目の忠茂あるいは忠茂の三男の忠員から大久保氏を名乗りました。忠員の子が大久保忠世(小田原大久保氏系)やご意見番の大久保彦左衛門忠教(ただたか)です。

  

近くの城・関連の城:大久保陣屋