伊賀 阿波氏館



ファイルNo3340


                     主郭を囲む土塁       

@ あわしやかた 
  別名 下の館 

A住所:伊賀市下阿波
    旧:阿山郡大山田村

B目標地点:
C形式:平城  D比高:ーm 
E現況:ご子孫住宅・畑

F遺構等:郭・土塁・堀?
G時代/人物:室町期/阿波氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  駐車した場所から2分

J撮影・訪問時期:2017年11月

  

道案内  ←館はご子孫が居住されているため、地図リンクは車の駐車位置を示します。

名阪国道(国道25号線)の中瀬インタを下り、国道163号線に入り大山田方面に進みます。8Km先の平田の信号(伊賀市大山田支所手前)を直進します。さらに約8km先の信号を通過します。(左は富永の集落の外周を迂回して「さるびの温泉」への道です。) 信号から約600m先、斜め逆Vで右折します。道を下ると橋で服部川を渡ります。ここはおおさんしょううおが居る川のようです。橋から50m先で左折し50m先のゴミ集積場横に駐車します。集積場では左手の道と右手田畑の中の一本道に分かれます。左手の道を100mも行くと正面が館跡です。

訪城備忘録

服部川の左岸に今も四方に土塁が巡る館跡が残ります。土塁の上には植林されてますが、きれいに保存されていて、南に虎口があります。現在もご子孫がお住いのようですので、見学にはご注意ください。南東側の丘陵には「上の館」と称される詰めの城「阿波氏城」があります。

虎口土塁
歴史

史料には阿波越後が城主で、服部氏の一族と伝わるようです。

館遠望
服部川沿いから館側
  
槇野川の清流

近くの城・関連の城: