但馬 / 有子山城



ファイルNo2802


                            三の郭石垣

@ ありこやまじょう 
  別名 

A住所:豊岡市出石町伊木
    旧:出石郡出石町
B目標地点:

C形式:山城  D比高:350m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・石垣・堀切・竪堀・碑・説明板 
G時代/人物:戦国期/山名氏
H満足度: 凸凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  出石城稲荷郭から50分
J撮影・訪問時期:2013年05月

  

道案内 

舞鶴若狭自動車道の福知山インタで下り、国道9号線を市内に向かいます。15Km先、野花の信号で右折し国道426号線に入ります。約28km先、出合のT字信号で国道426号線は左折します。 (ちなみに右折は国道428号線です。) 10km乙女橋の信号で右折、2.2km先を右折すると出石城前です。

訪城備忘録

出石城本丸の上、稲荷郭への鳥居がある石段の最後に有子山城の石碑があります。ここより登ります。登り出すとすぐに朽ちた東屋があり、ここからは標識の表記では本丸まで980mとなってます。 岩場の急坂の支尾根の道を登って行きます。息も絶え絶えという状態で残り500mという地点で明瞭な堀切と土橋があります。 本当にここまでがきつい^^; 土橋を越えてもう少し登ると左手に段郭が見れます。道は平坦になり右手を進みます。途中、斜面に石垣がある急斜面がありますが、水の手郭のようです。 さらに進むと右手に段郭群、左手に登ると主要部になります。 段郭群の先には大堀切が残るようですが、ここまでの登ってきた疲れて残念ながら断念しました。主要部は六の郭から主郭まで石垣の城です。荒々しい野面積みの石垣がなかなかいいです。 そう高石垣ではないですが三の郭の長い石垣は圧巻です。 主郭と千畳敷(侍屋敷)の間に大きな堀切になっており、これもいい感じです。千畳敷はこんな山中でありながらものすごく広い郭で、よく見ると建物の基礎だろうか石垣の痕跡が認められます。主郭の東屋からは出石の町が一望でき、息を切らせながら登ってきた疲れも消える思いです。

主郭
歴史

天正二年(1574年)、山名祐豊が築城しました。山名氏は代々、此隅山城を本拠としていましたが、永禄十二年(1569年)に羽柴秀吉に攻められ落城しました。その後、祐豊は織田方に降だり、あらたに有子山城を築いて本拠としたものです。 天正八年(1580年)に山名氏は毛利氏に通じて織田氏に背いたため、有子山城は織田勢に攻められ落城し、山名氏は滅亡しました。 有子山城は前野氏を経て、文禄四年(1595年)に小出吉政が五万三千石で入封、慶長九年(1604年)、小出吉英が山上部分を廃し、麓部分のみ残して出石城としました。

二の郭から主郭石垣                      五の郭の石垣
麓の現地案内板より
麓より遠望
主郭から出石の町の眺望
三の郭石垣と山々眺望
城跡遠望
現地案内板より
  
登城道中腹の堀切と土橋
中腹の郭
六の郭
五の郭
四の郭
三の郭の石垣
大堀切
千畳敷

近くの城・関連の城: